「黒い新幹線」内部を公開 「世界最速の芸術鑑賞」が可能 JR東日本

2016年1月に話題になった「黒い新幹線」こと「GENBI SHINKANSEN」の車内が公開されました。現代美術をテーマにしたこの車両、内側にはどんな世界が広がっているのでしょうか。またこの車両、北陸新幹線で変わってしまった上越新幹線の将来にも、影響を与えるかもしれません。

200km/h以上で走る“美術館”

 2016年1月に初めて姿を現し、話題となった「黒い新幹線」。JR東日本は2016年4月11日(月)、その「黒い新幹線」を報道陣へ公開、全体像を明らかにしました。

160411 genbi 01
「黒い新幹線」として話題になった「GENBI SHINKANSEN」(2016年4月11日、恵 知仁撮影)。

 この「黒い新幹線」は、同社が4月29日(金・祝)から上越新幹線に導入する「GENBI SHINKANSEN」という観光列車です。「GENBI」は「現美(現代美術)」の略で、様々な分野のアーティストが各車両をプロデュース。車内にはカフェも用意され、新幹線で旅をしながらアートやスイーツなどを楽しめるという、これまでにないコンセプトを持つのが特徴です。

 JR東日本によると、「世界最大規模のアートイベント『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』が開催される新潟エリアに、首都圏のお客さまや海外からのお客さまに加え、地元のお客さまにもお楽しみいただける新しいコンテンツ」として、この「GENBI SHINKANSEN」を誕生させたといいます。

 外観デザインを担当するアーティストは、写真家・映画監督の蜷川実花さん。「日本三大花火大会」のひとつとされる上越新幹線の沿線、新潟・長岡の花火が、その黒い車体に鮮やかなコントラストで描き出されました。

 ちなみに車両は、かつて秋田新幹線「こまち」として活躍したE3系電車を改装したものです。もちろん、200km/h以上という新幹線らしいスピードで走行が可能。JR東日本は「世界最速の芸術鑑賞」ができるとしています。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 普通に走らせたら1時間も掛からない区間で『旅』とは、これ如何に。
    旅の全工程の一部だとしても、乗車して一息ついたら楽しむ間も無く着いちまうよ。
    それとも、2時間も3時間も掛けて走らせるつもりかね?

  2. この動く美術館で金沢まで行き、そのまま「21世紀美術館」や小京都金沢の街を散策してみたい…