「かわせみ やませみ」、肥薩線の「川線」に2017年デビュー JR九州

2017年春頃、JR九州の肥薩線に観光列車「かわせみ やませみ」が登場します。

熊本~人吉間を毎日3往復程度運転

 JR九州は2016年4月13日(水)、肥薩線で2017年春頃から新たに運行を開始する予定の観光列車について、名前とデザインを発表しました。

 列車名は「かわせみ やませみ」。JR九州によると「球磨川沿線の自然や、人吉の町並みの美しさを表す」として命名したとのこと。かわせみ(翡翠)とやませみ(山翡翠)はどちらも渓流に生息する小鳥で、球磨川の流域でもみられるといいます。

160413 jrqkawasemi 01
肥薩線に登場する観光列車「かわせみ やませみ」のイメージ(画像出典:JR九州)。

 車両のデザインも「かわせみ やませみ」をイメージ。八代~吉松間を結ぶ肥薩線のうち、急勾配やループ線、スイッチバックなどが続く人吉~吉松間の通称「山線」に対し、球磨川に並行している八代~人吉間の通称「川線」を走行することから、それにふさわしいデザインとするそうです。

 列車はディーゼル車の2両編成で定員は70人程度。テーブルの付いた座席などが配置されます。2017年春頃から、鹿児島本線・肥薩線の熊本~八代~人吉間を毎日3往復程度運転する予定。時刻や停車駅などについては調整中としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント