復活「カシオペア」上野~札幌約7万円 周遊コースも

2016年3月に運行を終了した上野~札幌間の豪華寝台特急「カシオペア」が、旅行会社のツアー専用列車として2016年6月に同区間で復活。その料金などが明らかになりました。

「カシオペアスペシャル弁当」や記念品などを用意

 北海道新幹線が開業した2016年3月、東京・上野駅と札幌駅を結ぶ豪華寝台特急「カシオペア」が運行を終えましたが、JR東日本は4月6日(水)、その「カシオペア」に使っていた車両E26系客車を用い、同区間で新たに旅行会社のツアー専用臨時列車を運行すると発表。4月21日(木)、その料金など具体的な内容を明らかにしました。

160421 cassiopeia 01
2016年3月に定期的な運行を終えた豪華寝台特急「カシオペア」(2007年8月、恵 知仁撮影)。

 かつての寝台特急「カシオペア」と同様に上野~札幌間を結ぶツアー専用列車「カシオペア紀行」は、大人ひとりあたり6万9800円(片道)。2人用個室「カシオペアツイン」を2人で利用する場合の料金で、夕食に「カシオペアスペシャル弁当」が提供されるほか、朝は客室で軽食が用意されます。記念乗車証と記念品も付くとのこと。

 なお、割増料金を支払うとダイニングカーで夕食と朝食が楽しめるほか、5万円の追加で1室1人利用もできます。ダイヤは下りが上野発16時20分頃の札幌着11時15分頃、上りが札幌発16時38分頃の上野着11時52分頃。途中、大宮駅でのみ乗車(下り)、もしくは下車(上り)が可能です。

 以上の内容は、JR東日本グループのびゅうトラベルサービスが6月11日(土)の上野発と12日(日)の札幌発列車で設定しているプランで、募集人員は各134人。5月9日(月)の13時から首都圏の主な駅にある「びゅうプラザ」(旅行カウンター)などで受け付けが開始されます。また「日本の旅、鉄道の旅」のウェブサイトでは、5月2日(月)の13時から室数限定で先行販売が実施される予定です。

 この6月11日(土)と12日(日)発車分については、よりハイグレードな客室「カシオペアスイート」「カシオペアデラックス」を使用した添乗員同行の旅行プランも、びゅうトラベルサービスから発売されます。

 一般の列車として運行されていた2016年3月までの臨時寝台特急「カシオペア」は、上野~札幌間の「カシオペアツイン」2名1室片道利用で大人ひとり3万5230円でした(2016年3月の運賃・料金、食事など含まず)。

 上野~札幌間を結ぶツアー専用列車「カシオペア紀行」は6月11日(土)と12日(日)以外にも運転され、それに乗車するプランが各旅行会社より販売されます。

 また、片道形の「カシオペア紀行」ほか、その車両に乗って北海道や東北を3泊4日で周遊する「カシオペアクルーズ」プランもあり、こちらは大人ひとりあたり46万円からです(びゅうトラベルサービス、6月4日~8月6日出発分)。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント