山万ユーカリが丘線「街駅弁大会」開催 当日は無料運行も

山万ユーカリが丘線が沿線9店舗とタイアップし「街駅弁大会」を開催。当日は無料運行も実施されます。

各店舗10食限定、全品500円

 不動産会社の山万は2016年4月20日(水)、「山万ユーカリが丘線『街駅弁大会』」を4月29日(金・祝)に開催すると発表しました。「街駅弁」の販売場所は山万ユーカリが丘線の公園駅(千葉県佐倉市)と、同日に公園駅前で開催される「第33回 緑のまつり」会場内の山万ユーカリが丘線ブースです。

160420 yamamanekiben 01
沿線9店舗が参加する「山万ユーカリが丘線『街駅弁大会』」(画像出典:山万)。

 山万によると「街駅弁大会」は、同社が運営する鉄道「山万ユーカリが丘線」の活性化と、ユーカリが丘地域の活力や魅力を発掘・PRするために開催。沿線の飲食店9店舗の協力により「ユーカリが丘の街の駅弁(街駅弁)」を開発し、イベント限定・各店舗10食限定で販売します。

 千葉のブランド豚「東の匠ポーク」が味わえる「豚スタミナ網焼き弁当」や、地元「佐倉」にかけて桜エビを使った「さわや謹製さくら天丼」など、「街駅弁」は全部で9種類。値段はいずれも500円(税込)です。販売時間は11時から16時までの予定ですが、売り切れ次第終了するといいます。

 29日当日は、ユーカリが丘駅発9時22分から17時2分までの列車25本が無料運行されます。また「第33回 緑のまつり」会場内のブースでは、山万ユーカリが丘線のオリジナルグッズも販売される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント