首都高新料金、使い勝手は? 「節約の喜び」で渋滞減少なるか

首都高研究家、新料金に衝撃を受ける

 長距離の値上げばかりが注目されがちな首都高の新料金ですが、短距離は値下げされています。

 4月初旬、港区の赤坂から杉並区の自宅までタクシーに乗った際、運転手さんに「首都高使いますか」と聞かれ、了解しました。そして到着し料金を払う段になり、こう言われました。

「首都高は300円です」

「えっ、300円!?」と、思わず聞き返してしまいました。利用したのは外苑から幡ヶ谷まで。短いといえば短い距離ですが、途中、代々木と新宿の出口があり、決して最短区間ではありません。それが最低の300円で行けるとは、首都高研究家の私(清水草一)も知りませんでした。

 調べると、外苑~幡ヶ谷間は4.2km。確かに「4.5km以下:300円」の範囲でした。

 この300円体験は、私の首都高の使いかたに意識革命をもたらしました。「なるべく短い距離を使おう」という方向性になったのです。

Large 160424 syutoko 02
2016年4月1日より、首都高の料金は下限300円、上限1300円と幅が拡大された(画像出典:首都高速道路)。

 以前なら、目的地に最も近い出口まで使うのが当然でしたし、目的地を多少通り過ぎても、戻ればいいという感覚でした。これは、首都高均一料金時代に体に染みついた習慣です。4年前の2012年に距離別料金が導入されても、当時の料金は500円から900円と上下幅が小さかったため、修正されませんでした。

 が、今回は違います。料金は10円刻みで、36km以下ならほぼ利用距離に比例します。利用距離を短くすれば、確実に安くなるのです。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント