「モス野菜バーガー」が機内食に 自分で作る「楽しみ」も JAL

JALとモスバーガーがコラボした機内食「AIRモス 野菜バーガー」が、欧米およびオーストラリア方面の国際線に期間限定で登場します。

「モス野菜バーガー」を和風テイストに

 JAL(日本航空)とハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは2016年5月25日(水)、両社のコラボレーション企画として、国際線で機内食に「AIRモス 野菜バーガー」を提供すると発表しました。

 期間は6月1日(水)から8月31日(水)まで。対象路線は次のとおりです。

・成田発
シカゴ、ダラス、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シドニー行き
・羽田発
ロンドン、パリ行き
・関西発
ロサンゼルス行き

160530 jalburger 01
AIRモス 野菜バーガー」は、店舗で人気という「モス野菜バーガー」をベースとして和風テイストに仕上げたJALのオリジナルメニュー(写真出典:JAL)。

「AIRモス 野菜バーガー」は、店舗で人気という「モス野菜バーガー」をベースに、オーロラソースを玄米みそと胡麻のソースに変更し、和風テイストに仕上げたJALのオリジナルメニューです。利用客自身がバンズ(パン)とパティ(肉)に別添えの野菜を挟み、ソースをかけて仕上げることから、“できたて”のおいしさとともに、自身でハンバーガーを作ることも楽しめるといいます。

 JALは一部の国際線で、さまざまな企業とコラボレーションした機内食「AIR シリーズ」を提供しており、モスバーガーとの「AIR モス シリーズ」も2011年にスタートして今回で6回目です。JALとモスバーガーは、今後も「斬新な商品開発」に挑戦していくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント