「痴漢です!!!」 あの「一昔前の漫画」風ポスターに新作登場

関東エリアの鉄道事業者19社局が、2016年6月6日から「痴漢撲滅キャンペーン」を実施。ポスターは“一昔前”を思わせる漫画が今年も採用されました。

毎年変わる画風

 関東エリアの鉄道事業者19社局は2016年5月31日(火)、「痴漢撲滅キャンペーン」を6月6日(月)から6月17日(金)までの12日間、警察と連携して実施すると発表しました。

160531 chikanbokumetsucp 01
2016年に実施される「痴漢撲滅キャンペーン」のポスター(画像出典:JR東日本)。

 ポスターは“一昔前”を思わせる漫画で構成。「痴漢です!!!」と訴える女性に対し、駆け付ける駅員やざわつく周囲の利用客らが「大丈夫ですか!?」「卑劣な!」「許せん!!」と応じる場面が描かれています。

 ちなみにこの“一昔前の漫画”で構成されたポスターは2013年から毎年作られており、今年で4作目。「痴漢です」と周囲に知らせる女性、駆け付ける駅員、そして驚きや怒りをあらわにする周囲の利用客、という登場人物やストーリー展開はほぼ変わりませんが、絵が1970~90年代の劇画やラブコメ、少女漫画を思わせる画風に毎年変わるのが特徴です。

 キャンペーンの期間中は、警戒が強化されるとともに、痴漢被害に遭った人やその周囲の人に対し痴漢被害があったことを知らせてほしい、という旨の呼びかけが行われます。

 また、ポスター掲出に加え、JR東日本の山手線、中央線(快速)、青梅線、五日市線、京浜東北線、根岸線、横浜線、南武線、埼京線、京葉線、常磐線(各駅停車)車内の液晶モニタを使った「トレインチャンネル」での呼びかけ、車内や駅構内での呼びかけ、警察官らと鉄道事業者社員による「痴漢撲滅イベント」も実施される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. そして、「一昔前の漫画」風のおっさんが今日も冤罪で破滅する、と。