曲を装飾 きゃりー電車、ゆかりの西武線で出発進行 車掌姿で検札も

モデルで歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん、その名曲の世界にデコレーションしたという「SEIBU KPP TRAIN」が走り出しました。西武線は彼女に縁がある路線で、車内では“きゃりー車掌”による検札も行われています。

西武線と縁があるきゃりーさん

「ゆかりのある西武線が私の色に染まってうれしいです!」(きゃりーぱみゅぱみゅさん)

 2016年6月4日(土)、各車両をきゃりーぱみゅぱみゅさんの世界にデコレーションした電車「SEIBU KPP TRAIN」が走り出しました。

160604 seibukpp 01
車掌に扮(ふん)し「SEIBU KPP TRAIN」に乗車、イベント参加者の“検札”をしたきゃりーさん(2016年6月4日、恵 知仁撮影)。

 ファッションモデルで歌手のきゃりーさんは、西武鉄道沿線の田無市(現・西東京市)出身。そして東京都西部と埼玉県を走る西武鉄道は、2015年度が創立100周年などを記念した「100年アニバーサリー」の締めくくりで、きゃりーさんは今年がデビュー5周年。ともに現在、新しいステージへ向かう記念すべきタイミングであることから、今回のコラボレーションが実現したといいます。

160604 seibukpp 02
きゃりーさんが出席し、西武鉄道の池袋駅で行われた「SEIBU KPP TRAIN」の出発式。右は同社の後藤取締役会長(2016年6月4日、恵 知仁撮影)。

 西武鉄道によると、「SEIBU KPP TRAIN」には電車を単なる「移動手段」ではない「日常を楽しくするエンターテインメント」にし、このコラボレーションによって沿線住民や利用者の「シビックプライド(西武線に対する愛着と誇り)」を醸成、「西武線のブランドイメージ」を創出する狙いがあるそうです。

 西武鉄道は近年、車内にDJブースやスピーカーを設置した日本初の「EDMトレイン」、車内でアイドルライブやハロウィーンパレードを行う「ハロウィンイベント電車」など、個性的な列車の運転をしばしば実施しています。

「西武沿線に住んで良かった、利用して良かったと思われるようにしていきたいです」(西武鉄道、後藤高志取締役会長)

 日本が人口減少社会を迎えるいま、「選ばれること」が首都圏の大手私鉄における課題になっています。ちなみに、きゃりーさんの起用はインバウンドが注目される現在、彼女が持つ海外訴求力の高さも背景にあるそうです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント