新型「インプレッサ」公開 スバル初「歩行者保護エアバッグ」標準装備

2016年7月26日、スバルが新型「インプレッサ」(国内仕様車)を公開しました。同社では初めて歩行者保護エアバッグなどが標準装備になるほか、「動的質感」「静的質感」にもこだわったといいます。

発売は今秋を予定

 富士重工業は2016年7月26日(火)、今秋に発売を予定している新型「インプレッサ」(国内仕様車)の概要を発表しました。

新型「インプレッサ」のプロトタイプ(写真出典:富士重工業)。

 第5世代となる新型「インプレッサ」では、「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」を大幅に向上させたといいます。

「総合安全性能」は、スバルでは初めて歩行者保護エアバッグとアイサイト(ver.3)を全車に標準装備。また、危険回避性能を向上するとともに、衝突エネルギー吸収量を現行車比1.4倍にするなど、衝突安全性能を飛躍的に高め、乗員、乗客はもちろん歩行者など周囲の人々に対する安全性能も強化されたとしています。

新型「インプレッサ」に標準装備される歩行者保護エアバッグ(画像出典:富士重工業)。

「動的質感・静的質感」については、富士重工業によると「お客様が『新型インプレッサを見て、触れて、走って、乗って感じる全て』について、心を動かす領域にまで仕上げること」を目指したとのこと。

 動的質感については、ボディとサスペンションの剛性を大幅に向上させ、「思い通りに走り、不快な振動騒音が無く、快適な乗り心地」を実現。またあわせて静的質感の面では機能性とデザイン性を両立させ、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることで、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現したということです。

 富士重工業では7月26日(火)に専用サイトを開設。関連情報を順次配信していくとしています。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント