JR東海と16私鉄の乗り放題きっぷ通年発売 特急券追加で新幹線もOK

JR東海が、在来線全線と私鉄16社が土休日の連続2日間乗り放題になる「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」を新たに発売します。別に特急券を購入すれば、東海道新幹線にも乗車可能です。

土休日の連続2日間有効、大人8480円

 JR東海は2016年7月26日(火)、この夏から土休日限定で、同社在来線全線と16の私鉄が2日間乗り放題になる「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」を新たに発売すると発表しました。

 値段は大人8480円、子ども3990円。発売期間は7月29日(金)から通年です。利用開始日の1か月前から当日まで購入できます。7月30日(土)以降の土休日に利用が可能(ただし4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~翌年1月6日は利用不可)。有効期間は連続する2日間です。フリー区間内のJR東海の主な駅および主な旅行会社の支店、営業所で発売されます。

160726 jrcnoritetsu 01
「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」で乗れるフリー区間(画像出典:JR東海)。

 このきっぷで乗れるJR東海在来線(全線)の範囲は熱海、国府津、甲府、辰野、塩尻、猪谷、米原、新宮、亀山の各駅までです。また、16の私鉄は次のとおりです。

・伊豆箱根鉄道(駿豆線):三島~修善寺 ※大雄山線は対象外
・岳南電車:吉原~岳南江尾
・静岡鉄道:新静岡~新清水
・天竜浜名湖鉄道:掛川~新所原
・遠州鉄道:新浜松~西鹿島
・豊橋鉄道:新豊橋~三河田原、駅前~赤岩口・運動公園前
・愛知環状鉄道:岡崎~高蔵寺
・東海交通事業城北線:枇杷島~勝川
・養老鉄道:揖斐~桑名
・樽見鉄道:大垣~樽見
・近江鉄道:米原~貴生川・多賀大社前・近江八幡
・明知鉄道:恵那~明智
・長良川鉄道:美濃太田~北濃
・名古屋臨海高速鉄道:名古屋~金城ふ頭
・三岐鉄道(北勢線):西桑名~阿下喜 ※三岐線は対象外
・伊勢鉄道:河原田~津

 普通列車(快速を含む)の普通車自由席が乗り降り自由になるほか、別に特急券を購入すれば、フリー区間内の在来線特急列車は回数の制限なく、東海道新幹線・熱海~米原間の「ひかり」「こだま」は4回まで、それぞれ乗車できます。グリーン車にはグリーン料金が、快速「みえ」などにある指定席には指定席券が、「ホームライナー」には乗車整理券が、それぞれ別途必要です。なお、寝台列車は利用できません。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. なぜ大井川鐵道と三岐線は対象外なの?

    • あくまで推測ですが、これらの鉄道会社との協議の結果でしょう。
      ただ大井川鉄道は運賃そのものが高額だということ、三岐線はJR東海と直接のりかえができない上に、おそらく桑名・富田で改札なしで近鉄経由で三岐線に乗り換えられることから、近鉄にタダ乗りされる懸念があるための配慮というのもあるのでしょうね。

  2. これに小田急が入れば、なおうれしい。まあさすがに名鉄と近鉄はいれられないだろうし。
    ただ、何としてでも大井川鉄道を入れてほしかった。ダメであれば、大井川鉄道を割引運賃で乗れる制度とか。
    また、近江鉄道が入っているのは興味深い。
    三岐鉄道は、あれは明らかに近鉄に支線の位置づけなので、JR東海が嫌悪したのかも。
    小田急に関しては、この切符を小田急沿線でも販売してみとか。

  3. JR東海のカラーや思惑がモロに出たチケットやな(名鉄、近鉄、名古屋市地下鉄が入って無い)