日本一は東京? 名古屋? 日本で一番遅くまで走っている列車は

名古屋市営地下鉄で終電の発車時間が繰り下げられ、「日本一遅くまで走っている地下鉄」になりました。もし地下鉄に限定しなければ、どうなるのでしょうか。

名古屋の地下鉄が大江戸線を抜いて

 2014年7月4日(金)から、「街の賑わいづくりや地域経済の活性化につなげる」という目的のため、名古屋市営地下鉄で終電時間の繰り下げが始まりました。金曜日と休前日(例外あり)に限って終電の時間を45分遅らせるもので、名古屋の繁華街である栄駅を0時16分に発車していた地下鉄東山線の終電を、1時1分発に変更。終点の星ヶ丘駅到着が1時15分になりました。

20140708 nagoya
名古屋市営地下鉄東山線。新幹線と接続する名古屋駅、繁華街の栄駅などを経由し、高畑駅と藤が丘駅を結んでいる。

 これまで日本で最も遅い時間まで走っていた地下鉄は東京の都営大江戸線で、光が丘駅1時10分着でした。しかし今回、1時15分着の名古屋市営地下鉄がそれを抜き、日本一になっています。


 ただここでひとつ注意が必要なのは、「地下鉄として日本一遅い時間」という点です。地下鉄に限らねばもっと遅くまで走っている列車があったりします。

トップは同率一位

 地下鉄以外も含めて、最も遅くまで走っているのはどんな列車なのでしょうか。夜行列車は主旨が異なるため除いて、探してみました。


 最も遅くまで走っている列車は、なんと2本ありました。ひとつは東京駅0時20分発のJR中央線各駅停車で、終点の高尾駅(東京都)へは1時37分に到着します。そして上野駅(東京都)を23時46分に発車するJR高崎線の普通列車も、終点の高崎駅(群馬県)に1時37分到着です。


 その「同率一位」に続く第三位はJR東海道・山陽本線(JR京都線・JR神戸線)の各駅停車で、京都駅23時35分発、終点の西明石駅(兵庫県)到着は1時36分です。


 もちろん、終電が遅いから偉いということはありませんけれども。終電を口実にした仕事や望まない飲み会からの撤収が難しくなる、ということもありますしね。


 ちなみに最も早い終電は、その路線における最終旅客列車の時刻を基準に判断すると、休日ダイヤにおけるJR山陽本線(和田岬線)の普通列車で、和田岬駅(兵庫県)発が17時26分、終点の兵庫駅着17時30分です。


 このJR山陽本線(和田岬線)は工場への通勤客輸送がメインであるため、休日はそのように著しく終電が早いどころか、朝夕1往復ずつしか列車が走りません。


【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 一回り昔の話ですが、西武池袋線池袋駅発0:45発小手指行小手指着1:30という電車で通勤帰りを利用してました。なんせブラックな企業に勤めておりましたので、退社時間はいつも終電ギリギリ。帰れただけでもありがたかった。

  2. 阪堺電鉄の住吉公園駅は朝の8時台が終電だよ。

  3. 記事が古くなったので状況がだいぶ変わりましたね。
    住吉公園駅は廃止になり、今年のダイヤ改正もあって最も早い最終列車は北海道札沼線の新十津川〜浦臼間
    になりました。
    最終列車に関しては、定期の夜行普通列車が無くなったのが寂しいですね。

  4. 1番早い終電は新十津川だろ

  5. 電車ではだね。
    気動車を含めると最終列車の時間は違うね。