「いまだかつてないバス旅行」を 神姫バスツアーズ「真結」、日帰りから7泊8日33万円も

神姫バスツアーズが「高級」ではなく「本物」を目指し登場させる、新たなバスツアーブランド「真結(ゆい)」。水戸岡鋭治さんデザインのバスを使ったその旅が、2016年10月から始まります。内容は手軽な日帰りから、1週間以上におよぶものも。あえて詳細な目的地を明示しないツアーもあるといいます。

「ななつ星in九州」などのデザイナーが担当

 神姫バスツアーズ(兵庫県姫路市)がハード面、ソフト面とも「いまだかつてないバス旅行」にふさわしいものとして新たに登場させるバスツアーブランド「真結(ゆい)」。2016年10月から、その旅が実施されます。

160929 shinki 01
新たなバスツアーブランド「真結(ゆい)」に導入される新型バス「YUI PRIMA」(画像出典:神姫バスツアーズ)。

「心と身体で本当に心地よい時間と空間を演出するBUS旅。自分を、日本を、再認識できるBUS旅。食べて、飲んで、話して、笑って…。楽しい、嬉しい、オンリーワンのBUS旅。来て、見て、乗って、BUS旅を楽しんでください」(ドーンデザイン研究所主宰、水戸岡鋭治さん)

 JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」などで知られる工業デザイナー、水戸岡鋭治さん(ドーンデザイン研究所)がデザインを担当したバス「YUI PRIMA(ゆい プリマ)」を使用して、2016年10月から12月までに行われるそのツアーは、姫路や三宮など兵庫県内を出発地とし、日帰りから1週間以上におよぶものまで7種類。最も旅程が長いのは「日本三景、三名園、三名泉 7泊8日絶景の旅」で、代金は1人33万円(4名1室)からです。

 また、ツアーは「心に宿る富士山、息づく東京を巡る旅 3泊4日」1人19万2000円(2~3人1室)、「信州 紅葉をかけ抜ける旅 2泊3日」1人10万8000円(4人1室)、「神々が坐す聖なる地 伊勢志摩を巡る1泊2日」1人12万4000円(2人1室)などのほか、比較的気軽に参加できるものも用意され、「錦秋の大山で紅葉に染まる 日帰りの旅」は1人2万3000円です。ツアーの受付けはすでに始まっており、神姫バスツアーズによると状況は順調で、キャンセル待ちになっているものもあるといいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント