その名の駅から増毛への旅、終了へ でも目的地はまだある?

増毛はできなくなっても、半家からの目的地はまだある?

 2016年10月現在、半家から増毛への最短時間は以下の通りです(平日ダイヤ)。

・1日目
半家10時55分発→窪川→(特急「あしずり4号」)→高知→(特急「南風16号」)→岡山→(新幹線「のぞみ36号」)→東京→(新幹線「はやぶさ33号」)→新函館北斗23時33分着(泊)

・2日目
新函館北斗6時28分発→(特急「スーパー北斗1号」)→札幌→(特急「スーパーカムイ11号」)→深川→増毛12時47分着

 半家から増毛への所要時間は、乗り継ぎ時間を含み25時間52分。必要な費用は4万8340円です(運賃2万3470円、特急料金2万4870円。普通車指定席利用、通常期)。

Large 161021 mashike 02
半家駅は無人駅。増毛駅も無人駅なので、きっぷを販売していない。「半家から増毛へ」のきっぷは、「みどりの窓口」がある駅などで購入できる(2014年1月、恵 知仁撮影)。

 さて、目的地を失うかに思える「はげ」からの旅ですが、引き続き行われるかもしれません。

 東京の多摩地域を走る青梅線の福生(ふっさ)駅(東京都福生市)も、髪の毛にまつわる駅名として鉄道ファンに知られます。千葉県を走る成田線の布佐(ふさ)駅(千葉県我孫子市)を途中に経由して、「半家から布佐、そして福生へ」という旅はこれからも可能です。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 上大井(御殿場線)への旅もオススメしたい!(名物はひょうたん。瓢箪から独楽、なんちって)

  2. 順番的には半家→福生→布佐ですな
    ハゲからフッサフサへ