日産「ノート e-POWER」誕生のワケ 電気自動車の時代見据えた、執念の「37.2km/L」

日産が2016年11月2日に発売した「ノート e-POWER」は、エンジンが発電に専念するという方式のハイブリッド車です。鉄道車両や船などでは既存の技術ですが、いまクルマでそれを実現した日産のねらいは、どこにあるのでしょうか。

「エンジンは発電するだけ」のハイブリッド車、日産より発売

 日産は、コンパクトカーの「ノート」に「e-POWER」という新しいパワートレインを搭載し、2016年11月2日(水)より発売を開始しました。e-POWERは、エンジンとモーターを使ったハイブリッドではありますが、これまでに広く普及している「パラレル方式」のハイブリッドではなく、「シリーズ方式」になります。

日産が2016年11月2日に発売した「ノート e-POWER」。「プレミアムコロナオレンジ」のボディカラーはe-POWER専用色(写真出典:日産)。

 たとえばトヨタの「プリウス」や「アクア」などのハイブリッドは「パラレル方式」と呼び、モーターとエンジンを効率のよいように使い分け、エンジンは発電と駆動の両方を行っています。一方、e-POWERの「シリーズ方式」とは、エンジンが発電に専念して、走行の駆動力はモーターが担当するものです。

 従来、ハイブリッド車は「燃費効率はパラレル方式のほうがよい」と考えられ、いま販売されているハイブリッドの大多数はパラレル方式です。日産も「スカイライン」や「エクストレイル」といった車種のハイブリッドでは、パラレル方式を採用しています。

 では、なぜ日産はわざわざ「ノート」に、少数派であるシリーズ方式のハイブリッドを採用したのでしょうか。

この記事の写真一覧

  • 161119_epower_01-pu
  • 161119_epower_01
  • 161119_epower_02
  • 161119_epower_03
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1.  タクシーの運転手から「(パラレル式の)ハイブリッド車の場合はメンテナンス出来る人がまだまだ少ない」との話を聞いた事があります。企業秘密の部分が多いのもあるようですが、エンジンとモーター双方のメカニズムに加えてノーマル車以上に複雑であろう歯車機構に熟知していないと難しいだろうなと言うのは素人でも何となく分かります。シリース式の場合は歯車機構が単純化されているだろうから長い目で見ればパラレル式よりもメンテナンスがやり易い車になるんじゃないかな。
     日産に対しては「「走行フィール」では何が言いたいのか分からんし格好悪いから日本語で表現しろ」と言いたい。