見られたらラッキー? 東海道新幹線の隠れ名物「左富士」

東海道新幹線で富士山の見える方向といえば、新大阪駅に向かって右側と思うかもしれませんが、実は左側でも見られる場所が。その条件から「見られたらラッキー」ともいわれます。

実は両側に見える富士山

 特に初夢で見ると縁起がいいとされる「一富士二鷹三茄子」。その筆頭である富士山は東海道新幹線の名物車窓で、それがよく見える日、車内各所からシャッター音がしばしば聞こえてきます。

170101 fuji 01
東海道新幹線の代表的な車窓「富士山」。この場所では、新大阪駅に向かって車内右側に富士山が見えている(恵 知仁撮影)。

 この富士山、東海道新幹線の車内どちら側に見えるのでしょうか。

 東京~新大阪間で、東西方向に走る東海道新幹線。富士山がそびえるのは、その線路の北側です。よって、東海道新幹線で富士山が見える座席は新大阪駅に向かって右側、席でいうとE席(グリーン車はD席)側……と思うかもしれませんが、実は反対のA席、海側の座席からも富士山を眺めることが可能です。

 このA席側から見える富士山は、新大阪駅に向かって左側に現れることから「左富士」とも呼ばれます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 左富士は結構有名になってるから今更ネタにもならんでしょうよ。