東海道新幹線、聞いてはいけない車内放送 「運転室に行け」?

【動画あり】東海道新幹線には、普段から行われているものの、「聞いてはいけない車内放送」があります。先日、大勢の親子たちを乗せて特別に運転された「回送8660号」で、それを聞いてきました。

新大阪発、回送8660号

 回送列車に乗った経験のある人、鉄道関係者でもない限り、なかなかいないでしょう。列車で寝ていて気がついたら車庫にいた、という経験を持つ人はいるかもしれませんが。

乗ってはいけない回送列車(2015年8月、恵 知仁撮影)。

 2016年7月30日(土)、東海道新幹線の回送列車が、大勢の乗客とともに新大阪駅を発車するという珍しい出来事がありました。車掌により、次のような車内放送も行われています。

「この列車は回送8660号、鳥飼車両基地行きです」

 この日、JR東海は東海道新幹線に4か所ある車両基地のひとつ、鳥飼車両基地(大阪府摂津市)を「東海道新幹線のおしごとを学ぼう」ツアー参加者らへ公開。その参加者たちが、新大阪駅から鳥飼車両基地まで約10分、回送列車に乗って移動したのです。東海道新幹線の車両基地は大井(東京都品川区)、三島(静岡県三島市)、日比津(愛知県名古屋市)、そして鳥飼にあり、鳥飼車両基地の一般公開はこのときが初になります。

 さて、東海道新幹線の回送列車に「乗客へ向けた専用の車内放送」があること、知っている人はやはり少ないでしょう。

 先に書いた「この列車は回送8660号、鳥飼車両基地行きです」は、「車両基地公開」という“特別なイベント”にあたって車掌が行ったものですが、そうではなく、毎日走っている回送列車で普段から、しかも乗客に向けて行われている車内放送があるのです。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 本放送の前の信号音は「不審者が侵入しました」の信号パターンですよ.
    運転席の方に移動させないと,運行が止まることがあるのです.

  2. これさ例えばつばさやこまちだと運転席にたどり着けない場合があるけど
    そんときは諦めるのかな?