「鉄道落語会」2月開催 駅弁テーマのトークショーや「駅弁割」も

駅弁持参でおトクな「駅弁割」も実施

 今回はその第2弾。前回と同じく、鉄道(乗り鉄)やホルン・篠笛演奏が趣味という落語家の古今亭駒次(ここんてい・こまじ)さんが登場します。概要は次のとおりです。

●「駒次鉄道×駅すぱあと 鉄道落語会~駅弁編~」概要
・日時:2月17日(金)19時30分~21時(開場・受付:19時~)
・会場:ヴァル研究所1階(高円寺駅北口徒歩約3分)
・料金:大人1500円、子供500円(会場で前払い)
・定員:80人

 当日は「駅弁」をテーマにした落語「旅姿宇喜世駅弁(たびすがたうきよのえきべん)」ほか1席と、トークショーが行われる予定です。会場は飲食が可能(アルコール類は不可)。駅弁を持参すると料金が200円引きになる「駅弁割」も実施されます。

 事前予約なしでも入場可能ですが、ヴァル研究所は予約を推奨しています。イベントの告知ウェブページや電子メールで受付中です。

 ヴァル研究所は「お仕事、お出かけの寄り道・帰り道に、おいしい噺(はなし)とおいしい駅弁をご堪能ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント