観音開きで両側フルオープン「31ft 三方開きコンテナ」を開発 J-TREC

総合車両製作所が、鉄道貨物輸送用に観音開き式両側フルオープンのコンテナ「31ft 三方開きコンテナ」を開発。スムーズなモーダルシフトに対応できるといいます。

スムーズなモーダルシフトに対応

 JR東日本グループの総合車両製作所(J-TREC)が2017年2月1日(水)、鉄道貨物輸送用に観音開き式両側フルオープンのコンテナ「31ft 三方開きコンテナ」を開発したと発表しました。

170201 jtrec 01
動力装置のあるウイングコンテナなどと異なり、手動で扉を開閉できるためコストが低く、故障の心配もないという(写真出典:総合車両製作所)。

 コンテナの両側同時開放により積み下ろしが両側面から可能になるほか、天井の低い建屋内でも開閉が可能で、妻一方開きコンテナとしても利用できるそうです。ラッシングや天井結露防止塗料、通風機能などの各オプションにも対応可能とのこと。

「『31ft 三方開きコンテナ』は大型トラックと同等の積載容量をもち、貨物列車・自動車の両輸送ができるため、スムーズなモーダルシフトに対応できます」(総合車両製作所)

●「31ft 三方開きコンテナ」主要諸元
全長(内寸法):9410mm(9248mm)
全幅(内寸法):2490mm(2224mm)
全高(内寸法):2641mm(2290mm)
側入口全高:2140mm
側入口全幅:8550mm
妻入口全高:2140mm
妻入口全幅:2224mm
重さ:6300kg
最大積載量:13700kg
容積:47.10立方メートル

 総合車両製作所は今後、この「31ft 三方開きコンテナ」の展示会や荷物を積んでの試験輸送を行い、実運用化に向けて取り組んでいくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント