札幌~福岡間を43時間で走破 JR貨物「最長距離列車」はどのように運用されている?

札幌~福岡間の約2100kmを40時間以上かけて走るJR貨物の最長距離貨物列車。その乗務員の勤務体制やトラブルへの対処法、牽引機の決まり方はどのようなものでしょうか。同社に取材したところ、日本が誇る貨物輸送システムの力が見えてきました。

片道43時間の道のりを14人で交代

 世界屈指の輸送システムを誇る日本の鉄道――。1年間で延べ240億人以上を運ぶ能力や東京~新大阪間をおよそ2時間半で結ぶ新幹線のスピードなど、引き合いに出されるのはたいてい客輸送ですが、物資を運ぶ“貨物輸送”の存在も忘れることはできません。

 JR貨物には札幌貨物ターミナル(札幌市白石区)から福岡貨物ターミナル駅(福岡市東区)までの長距離を片道数十時間もかけて運行する列車があります。同社が走らせる“最長距離列車”、その運用方法は一体どのようなものでしょうか。

 JR貨物鉄道ロジスティクス本部運輸部副部長の志水 仁さんに話を聞きました。

東京の主要ターミナルのひとつである隅田川貨物ターミナル駅(写真出典:JR貨物)。

――福岡と札幌を結ぶ“最長距離列車”のルートや所要時間を教えてください。

志水さん「南行き(札幌発福岡行き)と北行き(福岡発札幌行き)があり、走行距離は湖西線経由の南行きが約2140km、米原経由の北行きが約2137kmと異なります。北海道にもルートが異なる箇所があるため、所要時間は南行き36時間53分、北行き43時間18分です」

――片道43時間もかかる運行で乗務員の交代はどのように行われているのですか。

志水さん「南行き、北行きのいずれも東室蘭操車場、五稜郭、東青森、秋田貨物、酒田、南長岡、富山貨物、敦賀、吹田貨物ターミナル、岡山貨物ターミナル、広島貨物ターミナル、幡生操車場、北九州貨物ターミナルで交代を行っています」

――つまり14人で交代しているのですね。乗務時間や距離などのルールはありますか。

志水さん「JR貨物が義務付けている1人あたりの連続乗務距離の上限は220kmです。広島貨物ターミナル~幡生操車場間の222.3kmが唯一の例外区間で、その他の区間は220km以下です。連続乗務時間の上限については、深夜帯(22時~午前5時)を2時間以上含む場合は4.5時間、日中は6時間までです」

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 機関車の車内にトイレを設置する考えは無いのだろうか。中線などでの長時間の待避時に列車から離れる事無く用足し出来る安心感は大きいと思う。その場合は許可無しで使用出来るように配慮してトイレ内でも指令所と連絡が取れるようにする事が必要だけど。

  2. 貨物列車に対する世論の見直しは遅すぎる程で、JR移行前後から110km/h運転の可能なコンテナ列車や95km/h運転の石油輸送列車に対応出来るように高速運転対応車両の開発が進められてきたし、途中駅での頻繁な解放作業を省略出来るように化成品輸送のタンクコンテナによる集約輸送にも力を入れていた。別にトラック輸送を批判する意図は無いが、昨今の労働環境や道路事情、事故発生時のリスクを勘案しても明確な基準の制定された貨物輸送の方が輸送効率・輸送量・定時性で優れている部分が多いし、余程の危険物で無い限り輸送品目を問わないからトラック輸送での危険物搭載車両通行禁止の制限も少ないし、線路の重軌条化さえ完了していれば現在一般的な積載時総重量60t前後の重量級貨車も入線出来る。現に四日市 – 南松本間の石油輸送が盛んなのも中央道の危険物搭載車両通行禁止制限が影響しているし、東日本大震災の際は当時現存していたタキ38000形軽量貨車による迂回石油輸送は「非常時にも使える線路さえあれば大量輸送を可能」とした有名な事例だ。勿論、鉄道貨物輸送に移行するにしてもダイヤ面や貨物列車を運転出来ない路線の事情、新形式貨車の開発など課題は多いが。