品川駅前 国道の上に大規模広場を整備 街への移動がスムーズに

国土交通省と東京都が品川駅西口広場の整備方針を発表。国道15号の上空に大規模な歩行者空間が計画されています。

バスタクシーのりばを集約

 国土交通省と東京都は2017年2月3日(金)、品川(東京都港区)西口広場の整備方針を発表しました。

 駅のすぐ西側には国道15号(第一京浜)が通っており、これが駅前の空間不足や歩行者とクルマの輻輳(ふくそう)などといった課題を生む原因になっています。

国道15号の上空に整備される駅前広場のイメージ(画像出典:東京都)。

 今回発表された方針は、これらの課題を踏まえ、駅周辺の限られた空間を有効活用するため、道路上空を活用し、大規模な広場を整備するというものです。完成すれば、歩行者とクルマの交通が分離され、歩行者は国道の横断歩道を渡ることなく、2階部分を歩いて街へとスムーズに移動できるようになります。分散しているバスやタクシーのりばも集約される計画です。

 2027年のリニア中央新幹線開業を見据え、今後、官民連携で計画の具体化が図られます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント