「お座敷プラレール号」運転 車内で、イベントで、鉄道満喫 JR東日本

JR東日本横浜支社がツアー列車「お座敷プラレール号」を2017年3月11日に運行。車内ではプラレールで遊べるほか、目的地の伊豆高原では「伊豆急でんしゃまつり」も楽しめます。

お座敷列車で伊豆高原へ

 JR東日本横浜支社は2017年2月2日(木)、お座敷列車で「伊豆急でんしゃまつり」に向かう日帰りツアーを今年も催行すると発表しました。

 ツアーの名前は「お座敷プラレール号で行く 早春の伊豆の旅 ~伊豆急でんしゃまつりを楽しもう!~」です。車両は485系電車「華」を使用。車内ではタカラトミーの協力により、プラレールで自由に遊べます。今回のプラレールには新たに「新幹線変形ロボ シンカリオン」や、新発売の観光列車「伊豆クレイル」の車両も仲間入りしています。

170206 plarailizucraile 01
「お座敷プラレール号」に使用される485系電車「華」のイメージ(写真出典:JR東日本横浜支社)。

 ツアー出発日は3月11日(土)。横浜駅を7時51分ごろに出発し、伊豆急行の伊豆高原駅(静岡県伊東市)に10時51分ごろ到着します。そこで開催されている「伊豆急でんしゃまつり」(入場無料)を楽しみ、同駅を15時04分ごろ出発。横浜駅には17時28分ごろに帰着します。途中は戸塚駅と大船駅に停車します。

「伊豆急でんしゃまつり」では車両展示や線路点検用カートの乗車、鉄道グッズの販売などが企画されています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント