「のぞみ」東京~新大阪間が1万円 JR発足30周年記念価格を会員向けに設定

JR発足30周年にあわせ、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスで記念価格が設定されます。

3月1日から発売

 JR東海とJR西日本は2017年2月7日(火)、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「EXサービス」で、会社発足30周年にちなみ30%割引の記念価格を設定すると発表しました。

 対象は、乗車日の21日前までに予約(変更)する「IC早特タイプ21」の4月乗車分です(席数限定)。おもな設定区間の価格は次のとおり。カッコ内の「通常」は「IC早特タイプ21」の通常価格、「所定」は「のぞみ」普通車指定席を通常期に大人1人で利用した場合の片道普通運賃と料金の合計です。

●東京・品川発着
・名古屋:7700円(通常8800円、所定1万1090円)
・新大阪:1万円(通常1万1000円、所定1万4450円)
・岡山:1万2000円(通常1万3000円、所定1万7340円)
・広島:1万3000円(通常1万4000円、所定1万9080円)
●名古屋発着
・小倉:1万2000円(通常1万3000円、所定1万7340円)
・博多:1万2500円(通常1万3000円、所定1万8540円)

170207 jrc30ichayatoku 01
東京・品川~新大阪間が1万円など、「IC早特タイプ21」にJR発足30周年記念価格が設定される(恵 知仁撮影)。

 対象となる列車は、設定区間で乗車駅を朝6時00分から6時59分まで、もしくは昼の11時00分から15時59分までに出発する「のぞみ」です(「みずほ」「さくら」「ひかり」「こだま」は不可)。普通車指定席が利用できます。発売期間は3月1日(水)から4月9日(日)までです。

 JR東海は「会員様はもちろん、まだご入会されていないお客様にもぜひこの機会にEXサービスにご入会いただき、早めのネット予約でおトクに東海道新幹線の旅にお出かけください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント