ソーラー充電可、EV走行68km超 新型「プリウスPHV」発売 トヨタ

トヨタはフルモデルチェンジした新型「プリウスPHV」を、2017年2月15日より発売します。

量産車初ソーラー発電システム搭載、新型「プリウスPHV」

 トヨタが2017年2月15日(水)、「プリウスPHV」をフルモデルチェンジし販売を開始しました。EV走行距離が従来型比2倍超の68.2kmになったほか、量産車初のソーラー充電が可能といいます。

「プリウスPHV A」の新色「スピリテッドアクアメタリック」(画像出典:トヨタ)。

●新型「プリウスPHV」のポイント
・EVモードでの走行距離は68.2km(JC08モード・充電電力使用時走行距離)、最高速度は135km/h。充電切れの際もHV走行燃費は37.2km/L(JC08モード)。
・量産車では世界初のソーラー充電システムを採用。最大約6.1km/日(平均で約2.9km/日)走行できるぶんの電力量を充電可能。
・EVモード走行中にエンジンが掛かりにくい状態を維持するため、「駆動用バッテリー専用ヒーター」や、世界初の「ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン」を採用。
・外部給電機能は、今回追加した「EV給電モード」にてエンジンをかけずに家電が利用でき、さらにエンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1,500Wの出力でガソリン満タン状態から2日程度の電力を供給可能。
・Sモデルをのぞき、トヨタ初の「11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム」と「DCM(Data Communication Module)」を標準装備。ネットワーク接続することでさまざまなサポートサービスを受けられる「T-Connect DCMパッケージ」が初度登録より3年間無料。
・クルマから離れた場所でも、充電状況の確認や操作、エアコンの操作、充電ステーションの検索などが可能な、PHV専用スマートフォン向けアプリ「Pocket PHV」を提供。
・衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備。
・ボディカラーは新開発の「スピリテッドアクアメタリック」を含む全9色。
・駆動方式はFFの2WD。
・価格は326万1600円から422万2800円(いずれも税込)。

「レザーパッケージ」の内装の様子(画像出典:トヨタ)。

 2012年1月に発売された先代「プリウスPHV」は、2017年2月現在までに日本で約2万2000台、米国や欧州などを含めたグローバルで、約7万5000台を販売しています。

 トヨタは、「プラグインハイブリッド車(PHV)をハイブリッド車に次ぐ『次世代環境車の柱』として位置付け、大幅な商品強化に取り組んできた」とし、新型「プリウスPHV」について「『プリウス』の特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車(EV)らしい力強くスムーズな走りを実現。未来感あふれる先進装備に加えて充電の利便性も向上させ『いいクルマ』として進化させた」といいます。また、「PHVを人とクルマと自然が共生する社会を目指す『トヨタ環境チャレンジ2050』の基幹車種と位置付けており、今後も更なる商品強化に取り組んでいく」としています。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント