「北斗星」の浴衣や定刻起床装置、「青春18きっぷ」ポスターも 大宮駅に鉄道グッズ専門店

鉄道グッズ専門店がJR大宮駅構内にオープンします。JR東日本グループ各社のオリジナル商品や各種メーカーの限定品なども販売されます。

JR東日本グループ各社のオリジナル商品などを販売

 JR東日本リテールネットは2017年3月8日(水)、JR大宮駅(さいたま市)の西口コンコースに、鉄道グッズ専門店「GENERAL STORE RAILYARD(ゼネラル・ストア・レールヤード)」を3月25日(土)に開店すると発表しました。

 JR東日本グループ各社のオリジナル商品や廃材によるリユース品、復刻品をはじめ、鉄道模型、雑貨、菓子などの商品が並びます。

170308 railyard 01
「General STORE RAILYARD」で取り扱われる商品の一例。古物はオークションが行われる(画像:JR東日本リテールネット)。

 駅員が目覚まし時計代わりに使用している「定刻起床装置」は9万8743円(税込。以下同じ)。寝台特急「北斗星」で使われていた浴衣やアメニティは復刻されたものが、それぞれ4860円、2500円で発売されます。

 さらに復刻のホーロー製愛称板(5000円)、原寸大車両所属シール(1000円)、「青春18きっぷ」復刻ポスター(B2判、950円)、「北斗星」スプーン・フォークセット(3000円)、古物各種なども登場します。

170308 railyard 02
駅掲出の「青春18きっぷ」ポスターが復刻されるほか、クリアファイルやポストカードセットに(画像:JR東日本リテールネット)。

「BEAMS DESIGN」からは、実際に使われていた鉄道車両のシートや吊り手を利用したリュック(6264円~)やカスタムヴィンテージチェア(10万8000円~)などが、関東交通印刷からは復刻した旧国鉄改札鋏(2万1600円)や庫出しの途中下車印(1万800円。200個限定)が発売されます。

170308 railyard 03
JR発足30周年を記念し「北斗星」の浴衣をリメイクした商品が発売される(画像:JR東日本リテールネット)。

 このほか、ヘッドマークハンカチ(712円)や103系しおり(734円)、「北斗星」運行開始当時に使用されていた食堂車の食器の復刻品も。さらに4月1日(土)からは「北斗星」の浴衣をもとに作ったエプロン(4104円)やトートバッグ(3888円)、巾着(1728円)などの商品も店に並ぶ予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント