「夏」の新塗色車両、開業1周年列車で登場 「四季」テーマに全5色 道南いさりび鉄道

道南いさりび鉄道が開業1周年を迎える2017年3月26日、同鉄道で新塗色の車両が登場します。

初運行は開業1周年記念特別列車

 道南いさりび鉄道は2017年3月24日(金)、車両外観の新しい塗色に濃緑色を採用したと発表しました。

 2016年3月26日、JR北海道の江差線・五稜郭~木古内間37.8kmを継承する形で開業した第三セクターの道南いさりび鉄道は、今年の3月26日(日)に開業1周年を迎えます。

 この鉄道ではキハ40形ディーゼルカーが使用されていますが、今後も、定期検査を終えた車両から、塗色が「道南の四季~Four Seasons in South Hokkaido」をテーマにしたものに順次変更される予定です。デザインは道南いさりび鉄道が、デザイン協力は高田傑建築都市研究室が担当しています。

170324 donancolor 01
定期検査を終えて濃緑色に変更された道南いさりび鉄道のキハ40形ディーゼルカー。2017年3月26日の開業1周年特別列車でデビューする(画像:道南いさりび鉄道)。

 今回の車両は、「夏」をテーマにした塗色です。沿線に広がる木々や豊かな森をイメージしたとのことで、これにさらに、観光用途に対応した車両「ながまれ号」と同様、函館山のシルエットをアクセントにしたラインが加えられています。

 この濃緑色の車両は26日(日)、函館13時36分発の開業1周年記念特別列車(函館~木古内)から使用が開始されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント