南阿蘇鉄道、全線復旧に少なくとも5年 橋架け替えやトンネル短縮も

国土交通省が、熊本地震で被災した南阿蘇鉄道の災害復旧に関する調査結果を発表。全線の復旧に少なくとも5年、費用はおよそ65億~70億円を要する試算を示しました。

復旧費用は65億~70億円に

 国土交通省は2017年4月16日(日)、南阿蘇鉄道の災害復旧に関する調査結果を発表。全線の復旧に少なくとも5年、費用はおよそ65億~70億円を要する見通しであることを明らかにしました。

 2016年4月に発生した熊本地震により、熊本県内を走る第三セクターの南阿蘇鉄道は、高森線(立野~高森間17.7km)の全線が被災。このうち被害が比較的軽度だった中松~高森間は、同年7月31日(日)から運転を再開していますが、残りの立野~中松間は復旧の見通しが立っていません。

●山ごと動いた犀角山トンネル

 調査結果によると、立野~長陽間にある犀角山(さいかくやま)トンネルは、長さ125mのうち高森側約40mの区間が山ごと動いたため、トンネルにゆがみ(49cm程度の横ずれ)が生じています。

 復旧方法としては、この40m区間の山を切り崩して、高森側のトンネル入口を40mセットバック(後退)させます。設計および工事期間は、補強、補修工事を行う戸下トンネルとあわせて3年程度、概算費用はおよそ20億~25億円の見込みです。

170417 minamiasosaigai 01
山が動き、高森側の約40m区間に横ずれが生じた犀角山トンネル。復旧に際し、A部分は剥落対策、B部分は覆工補強、C部分は山の撤去を行う(画像:国土交通省)。

●第一白川橋梁は架け替えへ

 犀角山トンネルからすぐの、白川を渡る第一白川橋梁(きょうりょう)は、地震によって橋台や橋脚が最大約40cm移動。部材の破断や変形、強度低下も生じています。

 全体にわたり甚大な損傷を受けており、早期復旧を図る観点からは「架け替えざるを得ない」としています。設計・工事期間は犀角山トンネルの工事を先行して行う必要があるため5年程度、概算費用は約40億円です。

●立野橋梁やほかの区間は

 立野橋梁は橋脚への鋼板巻き立てや基礎コンクリートの拡幅などの補修を実施。その他、擁壁や盛土の再構築、線路敷きの整正などを行います。これらの復旧工事はあわせて1年程度、約5億円を要する見込みです。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント