池上駅の駅舎・駅ビル開発計画に6月着手 2020年開業へ 東急

東急電鉄が、池上線・池上駅の駅舎改良と駅ビル開発計画に2017年6月から着手します。

構内踏切を廃止、南口を新設

 東急電鉄は2017年4月18日(火)、池上線・池上駅(東京都大田区)の駅舎改良と駅ビルの開発計画に、今年6月から着手すると発表しました。

170418 tokyuikegami 01 1
駅外観のイメージ。デザインは池上本門寺を中心とした門前町の歴史性を取り入れるという(画像:東急電鉄)。

 駅舎は、現在北側1か所にある改札口を橋上化し、南口を新設。これにより改札内の構内踏切が廃止されます。

 駅ビルは5階建てで延床面積は9990平方メートル。保育園や生活支援施設、飲食店舗などの導入が検討されています。開業は2020年9月末の予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント