荷物発送や書留受け取り、手荷物預かりもするロッカー、日本初設置 西武

従来の手荷物預かり用と、荷物の発送や受け取り用を併設したロッカーが、2017年5月、日本で初めて西武池袋線の清瀬駅に設置されます。

西武池袋線の清瀬駅構内に設置

 西武鉄道は2017年5月25日(木)、従来の手荷物預かりに加え、荷物などの受け取りと発送に対応したロッカーを、駅構内に日本で初めて設置すると発表しました。

 両替機やコインロッカーなどの製造、販売、メンテナンスを行うグローリーが2016年3月から販売している宅配受け取り用ロッカーに、今回初めて手荷物預かり用ロッカーを併設。池袋線清瀬駅(東京都清瀬市)の改札前に設置され、5月26日(金)からコインロッカーとして、30日(火)から宅配ロッカーとしてのサービスが開始されます。

170525 seibulocker 01
設置されるロッカーのイメージ(画像:西武鉄道)。

 荷物の受け取りや発送は、日本郵便が展開するサービス「はこぽす」を利用。「ゆうパック」や書留郵便物などの受け取りや、「はこぽす」に対応した通販事業者宛ての「ゆうパック」の発送が可能になります(一部条件や制限あり)。

 西武鉄道は「お客様の利便性向上に加え、ご不在配達数の削減による宅配事業者の業務効率化や環境負荷の軽減など社会的課題の解消に貢献していきます」としています。

 なお、同様のロッカーは、山陽電鉄の山陽姫路駅(兵庫県姫路市)にも設置され、同じく5月30日(火)から稼働が始まる予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント