5時間遅れ予想! 特定日のみ大混雑する秩父の路線バス 何が起きている?

埼玉県のとある路線バスで、2017年7月1日に通常1時間強の道のりが6時間かかるという、大幅な遅延見込みとこれに伴うダイヤ変更が事前に告知されています。何が起こるのでしょうか。

減便、終点変更も予告

 西武観光バス(埼玉県所沢市)は、同社が運行するとあるバス路線にて、2017年7月1日(土)に通常1時間10分の道のりが、約6時間かかるという大幅な遅延見込みを発表、当日に向け随時追加情報を案内しています。

170628 seibumitsumine 01
三峯神社の駐車場にある三峯神社バス停で発車を待つ西武秩父駅行き。7月1日は、約2.2km西武秩父駅寄りのヘリポート発着に変更される(2014年8月、恵 知仁撮影)。

 その路線は、埼玉県秩父市の西武秩父駅と、「秩父三社」のひとつとされる三峯神社を結ぶ「三峯神社線」です。当日は通常1日7往復を3往復とし、運行区間を三峯神社終点から2.2km手前のヘリポートまでに変更するうえ、定刻では1時間10分という西武秩父駅からヘリポートまでの所要時間見込みを、「更に遅延の場合あり」としたうえで約6時間と予想しています。

 さらに、西武秩父駅午前8時30分発、午前9時10分発のバスにはそれぞれ続行便(2号車以降)を運行予定としているものの、路線バスのため運行台数や乗車定員に限りがあるとし、「満員の場合ご乗車いただくことが出来ません。特に途中停留所からご乗車のお客さまはご注意ください。西武秩父駅からのご乗車をお勧めいたします」といったアナウンスもしています。なお、本記事内の情報は、2017年6月29日時点のものです。

6月には最大5時間40分の遅延も

 ダイヤ変更の理由は、三峯神社が毎月1日限定で頒布する『白い氣守』(「氣」の一字が書かれた白いお守り)頒布日にあたり、かつ7月1日が土曜日であることから、「著しい渋滞」が予想されるためだといいます。西武観光バスの親会社である西武バス(埼玉県所沢市)に話を聞きました。

――これほどの運休と遅延の予想を出すのはなぜでしょうか?

 多くのメディアに取り上げていただいていることもあり、毎月1日に三峯神社へ参拝される方が増えています。このためマイカーが神社の駐車場から出てこられず、駐車場の入場待ち渋滞が発生しており、バスにも遅延が生じています。事前の告知は、あらかじめお客さまにその遅延情報を提供して、ご理解とご協力をお願いするためです。

 遅延見込みについては過去の実績を元に推測していますが、5月1日はゴールデンウィーク期間中だったこともあってか、平日にもかかわらず11kmの渋滞で最大4時間55分、6月1日は同じく平日でしたが12kmの渋滞で最大5時間40分の遅延が発生しました。7月1日は土曜日ということもあり、さらに著しい渋滞が予測されています。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170628 seibumitsumine 03
  • Thumbnail 170628 seibumitsumine 01
  • Thumbnail 170628 seibumitsumine 02

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. マイカー規制はよ。

  2. 県道278号線はマイカー規制で国道140号線上にパークアンドライド駐車場を開発すべき。駐車場発着のシャトルバスと共に、路線バスは西武秩父駅発着は基本通りで三峰口駅発着を臨時設定して大増便すべきでしょ! 地元警察と自治体が全く働いてませんね?年に1回とかではなく毎月発生の事ですから・・・

  3. 三峰ロープウェイを廃止すべきじゃなかった
    赤字と言っても補助金出せばやっていけるレベルだったんだし
    老朽化の問題は宝登山ロープウェイでも同じ事だった
    秩父鉄道が奥秩父の交通を西武に丸投げした結果の撤退のようなもん

  4. 間引きや早発より質悪いな、気象や災害でもない、ただの特定日なら特定の事すりゃいいだけ、遅れを計測する暇があるなら対策すればいいしね、箱根登山の芦ノ湖折り返しなんて休日には乱れたダイヤを空回復するに勤務終了の回送にまで充ててるからね、頭にきた運転手が現場の指示にブチギレしながらも仕事はこなしてたし、対策して払うべきは払う!これこそ運転手不足への参考だろ、

  5. 箱根の大涌谷も同じような行き止まりを構造で、シーズンには大渋滞で路線バスが大幅遅延。
    おまけに火山活動があるのに何かあったら行政はどう責任取るのか・・・
    早くパークアンドライドなど対策をすればいいのに。