成田空港の利用者数、10億人達成へ 28日に式典開催、記念品配布

2017年7月28日、成田空港の累計利用者数が10億人に達する見込みです。これにあわせ記念式典の開催や記念品の配布が予定されています。

9億人達成から2年7か月

 成田国際空港は2017年7月18日(火)、同空港の利用者が28日(金)に累計10億人を達成する見込みと発表しました。

170718 narita1billion 01
2014年12月に開催された「航空旅客数9億人達成記念式典」の様子(画像:成田国際空港)。

 成田空港は1978(昭和53)年5月20日に開港。8億人は2012年2月6日に、9億人はその2年10か月後の2014年12月22日にそれぞれ達成しています。10億人はさらにその2年7か月後の2017年7月28日(金)に達成となります。

 これを記念し、同日午前10時から「航空旅客数10億人達成記念式典」が第2旅客ターミナルビル3階の国際線出発ロビーで開催される予定です。また当日、利用者には記念品の配布も予定されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170718 narita1billion 02
  • Thumbnail 170718 narita1billion 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 利用者の中に建設反対運動に直接参加した人、どのくらいいるのだろうか。直接利用してなくても輸入品などで必ずどこかで間接的に利用しているからな。皮肉なもんだ。

    • 航空科学博物館の展望室から当時の遺構(?)が見えるよ。
      かなり草木に埋もれてるけどね。

      今は反対している人間は皆無に等しいらしい。
      何だかんだで空港で潤っているところもあるし、最近になって空港(飛行機)そのものが集客ネタになることに気がついたようだ。