自転車も歩道を走っていいの? 通行が認められる4つのケースとは

道路交通法では、自転車は歩道を通行してはならないと定めていますが、例外があるようです。どのような場合でしょうか?

通常は罰則規定あり、でも例外が

 道路での交通安全を定めた道路交通法によると、歩道のある道路では、自転車は車道を通行しなければなりません。もし歩道を通行すると、通行区分(車道と歩道)違反で3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

 しかしある条件下では、例外として歩道を通行することが認められるケースがあります。自転車道路交通法研究会 代表理事の瀬川宏さんによると、大きく以下の4つのケースになるそうです。

(1)歩道に「自転車通行可」の道路標識や、道路標示がある場合。
(2)歩道に「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある場合。
(3)運転者が13歳未満又は70歳以上、または身体の障害を有する者である場合。
(4)歩道を通行することが「やむを得ない」と認められる場合。

170710 jitensha 01
「自転車通行可」の道路標識(画像:自転車道路交通法研究会)。

 それぞれのケースについて、瀬川さんに詳しく話を聞きました。

――「歩道に『自転車通行可』の道路標識や道路標示がある場合」とは、どのような内容でしょうか?

 歩道に「自転車通行可」の道路標識や道路標示が設けられている場合、以下のとおりに通行しなければなりません。

・歩道の中央から車道寄りの部分を通行する。
・徐行する。
・歩行者の通行を妨げるようなときは、一時停止する。

 しかし歩道が狭く、車道寄りを走っていても歩道の中央から道路の外側にはみ出てしまうような場合には、「自転車通行可」の道路標識があっても、歩道を通行できません。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170710 jitensha 05
  • Thumbnail 170710 jitensha 01
  • Thumbnail 170710 jitensha 02
  • Thumbnail 170710 jitensha 03
  • Thumbnail 170710 jitensha 04

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. 歩道上であれ車道上であれ、交通弱者思考(歩行者意識)で周囲の事を考えずに(どころかイヤホンつけてスマホながら運転で)全力で突っ走るのは論外。狭すぎる道で歩行者に道を譲ろうとしないのもダメ。まして夜間ライトをつけない、あるいは小さすぎる照明でごまかすのは失格。もっとも、言いたくはないが歩行者も車も危険な運転しかできない自転車がいる、という事実をもっとしっかりと認識してほしいのだが。

    • 歩行者や車だってマナーを守らないものは多い。自転車だけの問題ではない。

    • >歩行者や車だってマナーを守らないものは多い。自転車だけの問題ではない。
      相手も◯◯だからというのは言い訳にはならないよ。
      それ言い出すと論点ずれるし。

    • 論点ずれても良いのでは?
      好ましくない、適正でない事実を指摘するのであれば別にかまわないでしょう。
      マナーの悪い車から逃げるために自転車が行動を変えないといけない場合もあるのだし。

    • この話は、マナーではなく、ルール(法律)です。

      マスコミや行政でも、この手の自転車の法理違反のことを、マナー違反。と表現していることが多いですが、明確に間違いです。
      自転車の歩道通行は、法律違反です(例外を除く)。マナー違反などではありません。

      法律違反をマナー違反扱いしてしまう理由として考えてみたことがあります。
      みんなが堂々とやっていること、やらざるを得ないこと。それが、違法行為であるという状態を認めたくない気持ちもわかります。
      だから、つい、「マナー違反」という軽い表現にしたくなるのかもしれません。
      それだけ、みんなが考える必要のあるテーマだと思います。

      これが、多くの人がやっているわけではない行為である、万引きなら・・・
      「万引きは、マナー違反です。」と表現したら、炎上するでしょうね。
      いや、そもそもだれもそんな表現はしないでしょうけど。

    • 公共の場でマナーでルールを煙に巻いてしまうように風評を逆手に利用する悪行紛いもありますよね、

  2. 夜間のライトの点灯義務・車道での逆走や傘さし運転禁止・歩道上の走行時の徐行義務を道路交通法で制定して欲しい。原動機付『自転車』を参考にすれば難しい事ではないと思う。

    • すみません、今列挙されたもののうち、雨天の傘さし禁止以外はもともと道路交通法で制定されてます(他にも並走禁止なども)。一応念のために。

    • 自転車は車両です。
      ですから、基本的に、自動車等の車両と同じルールです。
      軽車両だから異なる部分や、自転車特有のルールが一部ありますが、2輪の自転車なら、原動機付自転車のルールと一番近いと思います。
      だから、「夜間のライトの点灯義務」が自転車だけ不要。というようなルールがどこかにない限り、他の車両と同じルールです。

      例外はあるとは言え、自転車は車両として考えるべきところが、日本では、歩行者の延長線上。という印象が定着してしまっているので、警察がわざわざ「自転車は車両です。」なんて、啓蒙をする事になる状況なのだと思います。

  3. (歩道走行規則を)知る人は「極めて少ない」のは何故なのか。
    その事が全く書かれていない。
    理由は、行政、警察の告知不足に他ならないと思う。
    この件に関しては、自転車乗り以上に歩行者がルール知らずであると感じている。
    歩行者への注意喚起に触れないのは不公平な書き方と思う。

    • あえて脱線します。思えば、道路交通法を普段読んでいる人って、どのくらいいます?そういう私もほとんど読んでませんが(年二回程度、しかもほんの少しかな?)。いっそ幼稚園や小学校の授業で必須にすればいいのに、って無理か。どうせそんなこと知っても進学率とか就職とかには関係ないっていうから(第一子連れの親自体があまり誉められた行動をしていない)。ついでに言えば昔、私のいた市立小学校で自転車安全教室というものを年1回開催していました。最初の4年間は記憶にないのですが、最後の2年間は参加。しかし参加人数は4桁に届く全校人数のうち、3桁まで届いたかどうか。同級生すらほとんど参加せず。あれだけ放課後のスポーツ活動強制参加(学校公認の部活、ではありません。あくまでも担任の個人的な行動です。よって本来参加義務なし)が口癖の担任ですら、参加しなかったことに一言半句も文句言わなかったくらいですから。
      要は道路交通法なんてほとんどの人にとってはなきに等しいものなのかもしれませんね。

  4. 例外的に歩道通行できるのは「自転車」ではなく「普通自転車」の間違いです。
    「軽車両」や「車両」と書くのも、明らかに間違いですが、「自転車」も同様に間違い。
    真に受けて、ハンドル幅が60cm以上有るMTB等で、歩道を違反通行する人が出ますから、ちゃんと訂正してください。