「へい!ちくてつ1日フリーきっぷ」発売 筑鉄・平筑がコラボ、特典に駅名キーホルダー

筑豊電気鉄道と平成筑豊鉄道が、2017年8月10日から「へい!ちくてつ1日フリーきっぷ」を発売します。

限定800枚

 福岡県内を走る筑豊電気鉄道と平成筑豊鉄道が、2017年8月10日(木)から「へい!ちくてつ1日フリーきっぷ」を発売します。

 筑豊電気鉄道の全線と平成筑豊鉄道の伊田線、糸田線、田川線(門司港レトロ観光線は除く)が1日乗り降り自由になるきっぷです。概要は次のとおり。

●発売期間、有効期間
・8月10日(木)~2018年8月9日(木)
・売り切れ次第終了
・利用は有効期間のうち1日限り
●発売数
・800枚
●価格(大人用のみ)
・1500円(税込)
●発売箇所
・筑豊電気鉄道:列車内、黒崎駅前定期券うりば、楠橋電車営業所
・平成筑豊鉄道:列車内、金田駅窓口

170801 heichikutetsufree 01
特典として進呈されるオリジナルキーホルダーのイメージ(画像:西日本鉄道)。

 特典として、近い場所にある筑豊電気鉄道の筑豊直方駅と平成筑豊鉄道の直方駅を隣の駅としたオリジナルキーホルダーを進呈。また、土休日と年末年始(12月30日~1月3日)は、きっぷ1枚で子供1人が無料で乗車できます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 筑豊鉄道も平成筑豊鉄道も駅名標キーホルダーにはロシア語やペルシア語、簡体字版の駅名標を用意すれば良い。
    英語はロシア語、韓国語はペルシア語、繁体字は簡体字に変えれば見事な反米国家仕様になる。
    金沢の野町駅付近の郵便局にはロシア語やペルシア語表記されている看板あったから英語と韓国語、繁体字を削除してロシア語、ペルシア語、スペイン語、簡体字で構成する駅名標があれば子供の教育的には良い。
    英語やフランス語見たいなオカマ言語を学ぶよりスペイン語やロシア語、ペルシア語、簡体字の方が実力あるし。