東京駅「グランスタ丸の内」に地産品と野菜ジュースの店をオープン JR東日本

JR東日本が2017年8月30日、東京駅「グランスタ丸の内」に地産品ショップと、ジューススタンドをオープンをします。地域の食文化の発信が目的です。

朝に製造・加工後、新幹線で運ばれてくる商品も

 JR東日本は2017年8月7日(月)、東京駅「グランスタ丸の内」に、地産品ショップ「のもの」の新店舗とジューススタンド「のものジュース“百果百菜(ひゃっかひゃくさい)”」をオープンすると発表しました。

170807 nomono 01
「のもの」東京駅グランスタ丸の内店の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 開店日は、ともに2017年8月30日(水)。店舗コンセプトは「東京駅で見つける、東日本の新たな魅力」です。当日朝に製造・加工され新幹線で運ばれてくる商品や、スーパーマーケット「KINOKUNIYA entree(アントレ)」とのコラボ商品などを今回初めて販売します。

 また、開業特典として「のもの」の人気商品詰め合わせも販売。店内入口には、既存店舗で人気の菓子類を集めたスイーツステージを設置します。

「のものジュース“百果百菜”」は、「のもの」ブランド初のジューススタンドです。野菜ソムリエ厳選の、各地域の素材を使ったフレッシュジュースやソフトクリームを提供。ジュースは常時8種類、ソフトクリーム2種類が置かれています。

170807 nomono 02
「のものジュース“百果百菜”」の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 JR東日本はこれまで、地域活性化の推進として「地域再発見プロジェクト」を進めており、この一環として「のもの」ブランドを立ち上げ、上野と秋葉原、池袋、品川で物販や飲食店舗を展開していました。今回オープンする2店舗の詳細は、次のとおりです。

●のもの 東京駅グランスタ丸の内店
・場所:東京駅構内地下1階改札外
・営業時間:午前7時~22時(日・連休最終日の祝日は~21時)
・店舗面積:約77平方メートル
●のものジュース“百果百菜”
・場所:東京駅構内地下1階改札外
・営業時間:午前7時~22時(日・連休最終日の祝日は~21時)
・店舗面積:約19平方メートル

 JR東日本は「今後も『のもの』は、地域の食文化の発信を通じて、首都圏のお客さまに新たな驚きや発見、喜びを提供するブランドとして拡大していき、地域の活性化に貢献します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170807 nomono 03
  • Thumbnail 170807 nomono 04
  • Thumbnail 170807 nomono 05
  • Thumbnail 170807 nomono 01
  • Thumbnail 170807 nomono 02

最新記事

コメント