1200km/h!? リニアや旅客機よりも速い乗りもの「ハイパーループ」計画が進行中!

1200km/hという超高速で走行する乗りもの「ハイパーループ」の計画が進行しています。どのような仕組みで移動し、また将来的にどのような計画があるのでしょうか。

イーロン・マスク氏の発想からスタートした「ハイパーループ」

 韓国の政府系研究機関は2017年7月21日、米ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(Hyperloop Transportation Technologies)社からの技術協力を得て、「ハイパーループ」の開発を進めると発表しました。

 ハイパーループの基本的な原理は、減圧された「チューブ」のなかを「ポッド」という車両が浮上しながら移動するというもの。その移動速度は1200km/hと、JR東海が建設を進めている超電導リニアの約500km/hだけでなく、一般的な旅客機の巡航速度である約900km/hよりも速くなる構想です。2017年8月現在、サンフランシスコ~ロサンゼルス間や、アラブ首長国連邦のドバイにて建設が計画されています。

170807 hy 01
ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズによるポッドのデザイン(画像:ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ)。

 ハイパーループの構想は、アメリカでオンライン決済システムのPayPalや電気自動車のテスラ、そして宇宙開発企業のスペースXを立ち上げたイーロン・マスク氏によるもの。

 数年前よりカリフォルニア州では、サンフランシスコ~ロサンゼルス間を結ぶ高速鉄道の計画が持ち上がっていますが、その建築費用は700億ドル(約7.7兆円)と極めて高価。ならば自分はもっとうまくできるとばかりに、マスク氏は2013年8月にハイパーループの構想を明かしたのです。ハイパーループは約640kmあるサンフランシスコ~ロサンゼルス間を約30分で移動でき、建設費も60億ドルから100億ドル(約6600億円から約1.1兆円)に収まるとされています。

 ただし、実際にハイパーループの開発や路線の展開を行うのはマスク氏の会社ではありません。現在は上記のハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズと、同じくアメリカのハイパーループ・ワン(Hyperloop One)社が、独自に開発を進めています。2017年8月の記事執筆時点では、ポッドの開発やデモ走行などの点においてハイパーループ・ワンが一歩リードしているようです。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170807 hy 04
  • Thumbnail 170807 hy 01
  • Thumbnail 170807 hy 02
  • Thumbnail 170807 hy 03

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. 強力な永久磁石なんて怖すぎる
    人体への影響はどうなるんだ?
    減圧には電力が必要だろ矛盾してんだよな

  2. 大昔の未来小説とかマンガではよくあるアイテムですかね。昔日本でも良く似た構想と実験をしていたとか。

  3. 40年くらい前から、
    似たようなこと言い続けてるような。

    結局は理論上可能かも?
    現実的には長いチューブを減圧し続ける費用や技術で頓挫。
    そして事故発生時(車両もチューブも)どうするの?の答えなく。
    まぁ100年先はわからないけど、
    100年先かな?と思うほど現実性はなし。

  4. 韓国の場合、モノレールもまともに作れず営業運転できないまま廃止、自慢の高速鉄道も異常振動と衝突事故を撲滅できないまま無理やり運行中という状況なので、ハイパーループの件は我々は忘れて良いんじゃないですかね。まずはそちらが先でしょう。

    • ハイパーループと韓国にいったい何の関係が?

    • コメント書いてるのに登録されないのは何でなんですかね・・・

    • この記事が「韓国がハイパーループを採用」という記事だからです。韓国は日本のリニアにも対抗意識を燃やしていて、時速600キロの高速鉄道(注:リニアでは無い)を開発するつもりもあるようです。楽しみに待つと良いと思います。いつの間にか話が消えていることでしょう.

    • モノレールが事故を起こして廃止になったことは日本でもありますよ。最近でも新型山手線が運行初日に撤退する醜態をさらすなど、自慢できるものではありません。一方、韓国では大型地下鉄の新盆唐線が無人運転を実現しています。技術力の逆転を認めたくない感情から現実認識が歪んでいるようですね。まあ、楽しみに待ちましょう。10年もしないうちに結果がでます。

  5. 本家アメリカでさえも、駅をどう作るか、運行管理をどうするか、安全運行をどう担保するか、運賃と採算性をどうするか、というあたりは未知数でしょう。走行実験の動画を見る限り、左右にあるはずの案内用コイルが見当たりません。思わず見逃すほどの貧相なコイルらしきものは跨座式モノレールのように軌道中心にわずかに見えますが、曲がる機能はまだロクに考えられていないように思えます。
    今は世界最先端のエンジニアが夢を追い求めてイキイキとやっていますが、今後はどんどん実用的な、現実的な、彼らにとってはおそらくつまらない技術開発が増えていくことでしょう。彼らは好きでやっていることなので、どこまでモチベーションが続くのか、見物(みもの)ではあります。ところでエアロトレインはどこに行った!

  6. 日本も昔、真空ロケット列車という珍列車の実験をしたことがあった。当然のことながら予算の問題で打ち切りになったが、ハイパーループも同じ結果に終わるのでは? いくら技術が進歩したところで、都市と都市とを結ぶ長いループを真空に保つためには莫大なエネルギーとメンテナンスコストがかかるに違いない。

  7. >ハイパーループは約640kmあるサンフランシスコ~ロサンゼルス間を約30分で移動でき、建設費も60億ドルから100億ドル(約6600億円から約1.1兆円)に収まるとされています。

    この情報は少し古いと思います。2016年にフォーブス社が入手した、ハイパーループ・ワン社が自社で見積もった建設費は $81M-$121M/mile らしいです。ですので、高速鉄道の建設費に比べて劇的に安くなるわけではないみたいです。

  8. なんでもやってけれ。
    実用化の頃には、自分はこの世のモノではないだろいから。

  9. 1200km/hはTransrapidやJRリニア並みの1m/s/s(約0.1G)でも5.6分、55kmで到達できますので、加速度をなめらかにあげて倍の0.2Gにすればその半分で、なんとかなるかと思います。
    それより問題はこの速度だとほぼ直線にしないと横Gが問題になりそう。JRリニア並にするならR=46kmが必要。
    路線図案が発表されていますが、曲線部の手前ではかなりの減速が必要になるのではないでしょうか。
    到着時も含め、空気抵抗がないので回生ブレーキが頼り。
    回生ブレーキ故障時にはチューブに空気入れることになりそうですが、速度が速度だけに相当な急減速になりそうで、かなりおっかない気もします。