善光寺参りの定番土産がスイーツに 老舗が販売「七味マカロン」

善光寺参りの土産として知られる七味唐辛子。この素材を練り込んだ「七味マカロン」を八幡屋礒五郎が販売しています。

七味唐辛子の素材がおしゃれな七色スイーツに変身

【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2016年7月号に掲載された記事「ナニコレ!? みやげ(31)」を再構成したものです】

※ ※ ※

 2015年、数えで7年に一度の御開帳でにぎわった名刹・善光寺。その参道に店を構え、参拝土産の定番として知られるのが八幡屋礒五郎の七味唐辛子だ。

 七味唐辛子の日本三大老舗の一つである同社が2010年から販売を始めたのが、七味マカロン。トウガラシ、麻種(おたね、麻の実)、シソ、ショウガ、山椒、ゴマ、ユズの七つの味で、表面は赤、白、紫、茶、緑、黒、黄と各素材のイメージカラーに彩られている。

170808 ryshichimimacacon 01
八幡屋礒五郎の「七味マカロン」。価格は1個154円(税込)、7個箱入りは1218円(税込)。

 マカロンといえば、卵白、アーモンドパウダー、砂糖を使って焼き上げたフランス菓子。七味唐辛子とは結びつきがたい印象だが、広報担当の越和美さんは「七味の素材でお菓子を作ろうというプロジェクト。スタッフに洋菓子作りの経験者がいたことから誕生しました」と説明した。

 バタークリームに各素材を練り込むことで、スパイスの利いた甘い口溶けの七色の味を実現。トウガラシ味と山椒味を食べてみると、甘さとともにピリッとした素材の味が口の中に広がり、面白い食感だった。

 若い女性がメーンターゲットかと思いきや、「バレンタインデーのお返しとして、買われる男性も多いですよ。今後も色々なスイーツに挑戦したいですね」と越さん。創業280年の老舗は、常に前向きだ。

・買える場所
 八幡屋礒五郎本店(長野市大門町83)と同社MIDORI長野店(長野駅ビル内)
・取り寄せ情報
 https://www.yawataya.co.jp
・問い合わせ
 電話0120・156・170

170808 ryshichimimacacon 04
『旅行読売』2017年10月号。特集は「初めてでも大満足 あの名湯でひとり泊」と「元気な商店街」。

・旅行読売(Fujisan.co.jp)
http://www.fujisan.co.jp/product/2782/ap-norimono

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170808 ryshichimimacacon 03
  • Thumbnail 170808 ryshichimimacacon 01
  • Thumbnail 170808 ryshichimimacacon 04

関連記事

最新記事

コメント