伊豆の尾根から温泉へドライブ ラスク作りや光る露天風呂も

伊豆スカイラインをドライブ。わさび田やラスク工場などを巡りながら、伊豆最古の温泉を目指します。

伊豆の尾根を通って“食”の温泉地へ

【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2017年8月号に掲載された記事「今日もドライブ日和 第18回〈静岡〉伊豆スカイライン 修善寺温泉」を再構成したものです】

※ ※ ※

 街中では静かなエンジン音が、箱根ターンパイクの急な上り坂では俄然大きくなった。小田原の海岸に近い起点と大観山展望台までの距離は約14km、標高差は1000m近くになる。1km進むごとに70mを駆け上がる計算だから、エンジン音が高鳴るのも無理はない。

 坂を上り切ったご褒美は大観山展望台からの風景だ。眼下に芦ノ湖、雲の向こうに富士山の雄姿が見えた。富士山はやがて雲に覆われ、この後走った伊豆スカイラインからは望めなかったから、大観山の展望は印象深かった。

170807 rydrive18 01
前半は開放的な景色、後半は林間が続く伊豆スカイライン(篠遠 泉撮影)。

 ターンパイクから県道20号を経由して、伊豆スカイライン熱海峠ICへ。熱海峠で料金所に入る前に姫の沢公園に立ち寄った。姫の沢公園はツツジ山、スイレンが咲く池の広場、8月上旬までが見頃のアジサイ園など、四季折々の花が楽しめる。一般的な植物公園のイメージとは異なり、広大な傾斜地に花園が点在するので、山道を歩かなければならない。まるで、ハイキングなのだ。ウオーキングに適した靴で、飲み物を持って散策しよう。

170807 rydrive18 02 170807 rydrive18 03 170807 rydrive18 04
箱根ターンパイクの大観山展望台から見た芦ノ湖と富士山(篠遠 泉撮影)。
「夜景100選」にも選ばれた伊豆スカイライン池の向駐車場から駿河湾方面を見下ろす(篠遠 泉撮影)。
108万平方メートルを有する姫の沢公園はハイキングコースの様相(篠遠 泉撮影)。

 熱海峠ICから続く伊豆スカイラインは、出だしは標高が高いため樹木が低く、左側に熱海のホテル群や初島、右側に沼津や富士市の街並みと駿河湾が見下ろせる。とはいえ、カーブが連続する下り坂。頻繁に設けられた展望駐車場にクルマを止めるのが得策だ。冷川ICまでの約31kmは前半が尾根、後半は林間のワインディングロードを行く。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170807 rydrive18 08
  • Thumbnail 170807 rydrive18 01
  • Thumbnail 170807 rydrive18 02
  • Thumbnail 170807 rydrive18 03
  • Thumbnail 170807 rydrive18 04
  • Thumbnail 170807 rydrive18 05
  • Thumbnail 170807 rydrive18 06
  • Thumbnail 170807 rydrive18 07
  • Thumbnail 170807 rydrive18 10

関連記事

最新記事

コメント