日本発信プロジェクト第17弾スタート 兵庫、岩手、沖縄の食文化などを発信 ANA

ANAが2017年9月から11月まで、日本発信プロジェクト「Tastes of JAPAN by ANA」第17弾を実施。兵庫、岩手、沖縄の食文化などを発信します。

兵庫、岩手、沖縄を特集

 ANA(全日空)は2017年8月18日(金)、日本発信プロジェクト「Tastes of JAPAN by ANA」第17弾を9月から11月にかけて実施すると発表しました。なお、同プロジェクトは今回をもって終了となります。

 食や酒、スイーツ、文化などをテーマに、2013年9月から3か月ごとに3つの都道府県を取り上げてきた「Tastes of JAPAN by ANA」。今回対象となったのは、兵庫、岩手、沖縄の3県です。

 プロジェクト期間中は、対象各県の特産品を使ったメニューを機内やラウンジ、空港店舗、通販サイトなどで採用。その魅力を国内外の利用客に発信します。また、機内番組や機内誌などで関連コンテンツが提供されます。

170818 anatoj17 01
「Tastes of JAPAN by ANA」プロジェクトを展開するANAグループ。写真はイメージ(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 機内、空港ラウンジで提供される食事やデザートの一例は、次のとおりです。

●兵庫県
・羽田空港国際線「ANA SUITE LOUNGE内 DINING h」(9月):「明石鯛五穀饅頭 淡路産玉葱ときのこスープ煮」
 五穀「黒ゴマ・大豆・小豆・あわ・大麦」を明石鯛で包み込み蒸し上げたメニュー。きのこと淡路産玉ねぎのスープとともに。
・国際線ビジネスクラス(11月):「但馬すこやかどりの軽い燻製ソテー 神戸赤ワインソース」
 兵庫県の銘柄鶏である但馬すこやかどりに、軽いスモーク風味を付けソテー。ソースは神戸の赤ワインを使用。

●岩手県
・国際線ビジネスクラス(9月~11月):「郷土料理 岩手」
 岩手の郷土料理のひっつみ(平らにちぎったすいとん)汁に、岩手産のサケや南部麩を盛り込み、鍋仕立てに。
・羽田空港国際線「ANA SUITE LOUNGE内 DINING h」(10月):「ANAオリジナルパフェ 岩手」
 岩手県名産のリンゴ「新世界」のコンポート、岩手県葛巻の牛乳で作ったバニラアイスとキャラメルのアイス入り。

●沖縄県
・国際線ビジネスクラス(9月~11月):「アグー豚もろみ丼」
 沖縄固有の豚アグーを使用。
・成田・羽田空港国際線「ANA SUITE LOUNGE」(9月~11月):「沖縄県産シークヮーサージュレとハーブジュレ」
 ハイビスカス入りの7種のハーブを組み合わせたハーブティーと、フランス産蜂蜜のゼリーの上に、柑橘の果肉と沖縄県産シークヮーサージュレをトッピングしたゼリー。

 ANAは「2017年12月からは次期プロジェクトを開始する予定」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170818 anatoj17 02
  • Thumbnail 170818 anatoj17 01

最新記事

コメント