観光列車「旅人」がリニューアル 太宰府の名所や四季が絵巻風に 西鉄

2017年9月、西日本鉄道の太宰府観光列車「旅人(たびと)」が8000形電車から3000形電車に変わるとともに、デザインがリニューアルされます。

リニューアル初日に引継式開催

 西日本鉄道は2017年8月25日(金)、太宰府観光列車「旅人(たびと)」の車両を8000形電車から3000形電車に変更し、外観なども含めリニューアルすると発表しました。

「旅人」は2014年3月から運行されていますが、使用車両の8000形6両は製造から29年が経過したことから、今回、3000形5両に変更されます。投資額は3300万円です。

 外装は従来車両の観光名所をメインとしたデザインから一新し、太宰府の名所・四季を絵巻風にデザイン。内装も従来の、車両ごとに設定していた開運テーマを改め、「健康長寿」「安産」「厄除け」「家内安全」「学業成就」の5つの願いを込め、和文様で表現するといいます。

 また、全車両には「開運カード」が、3号車には「祈願箱」や乗車記念スタンプが置かれます。

170825 nishitetsutabito 01
3000形電車を使用した新「旅人」のイメージ(画像:西日本鉄道)。

 新「旅人」は9月16日(土)から運行が開始されます。同日午前10時25分からは西鉄福岡(天神)駅で「旅人」車両の引継式が開催される予定です。その後、新「旅人」は西鉄福岡(天神)~太宰府間や二日市~太宰府間で、毎日運行されます。

 なお「旅人」に乗車する際は、特別料金は不要です。通常の運賃のみで利用できます。現在の8000形「旅人」の最終運行は、9月16日(土)小郡10時02分発・西鉄福岡(天神)行き急行列車の予定です。

 西日本鉄道は「今後も、地域の皆さまと一体となって、観光地・太宰府のさらなる魅力向上に努めてまいります。新しく生まれ変わる太宰府観光列車『旅人』にぜひご期待ください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170825 nishitetsutabito 02
  • Thumbnail 170825 nishitetsutabito 03
  • Thumbnail 170825 nishitetsutabito 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. リニューアルというより代替更新、とすべきでしょう。このタイトル。

    • 西鉄公式プレスリリースも「リニューアル」って使ってますけど。