東海道新幹線の品川駅23番線、9月からホームドア使用開始 JR東海

東海道新幹線の品川駅23番線で、2017年9月1日からホームドアの使用が始まります。

新横浜駅1番線もホームドア導入へ

 JR東海は2017年8月25日(金)、東海道新幹線の品川駅23番線(下り)で進めてきたホームドア(可動柵)の設置工事が完了し、9月1日(金)から使用を開始すると発表しました。

 東海道新幹線では、ホームのさらなる安全性向上を目的に、利用者の多い「のぞみ」の停車駅を対象にホームドアの導入が進められています。

170828 jrcshinagawa23door 01
東海道新幹線の品川駅23番線ホームで使用が始まるホームドアのイメージ(画像:JR東海)。

 品川駅はすでに21番線(上り)と24番線(下り)に設置されていますが、今回、新たに23番線でもホームドアの使用が始まります。

 なお2018年3月ごろには、新横浜駅(横浜市港北区)の1番線(上り)にもホームドアが導入される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント