二俣川駅が全面リニューアル 駅舎増築で地上4階建てに 新商業施設も開業 相鉄

相模鉄道が、全面リニューアル工事を進めている二俣川駅の新駅舎の一部を、2018年4月から使用開始。駅舎を増築し、新たな商業施設も開業します。

南北連絡通路も整備

 相模鉄道は2017年9月19日(火)、全面リニューアル工事を進めている二俣川駅(横浜市旭区)について、2018年4月下旬から新駅舎の使用を開始し、新たな商業施設「JOINUS TERRACE(ジョイナス テラス)二俣川」を開業すると発表しました。

 同駅のリニューアル工事は2015年4月から開始。既存駅舎の上部を2階層増築して地上4階建てとし、商業エリアが新設されます。これにより、延床面積は現在の5394平方メートルの2倍以上となる1万3927平方メートルになります。

「JOINUS TERRACE二俣川」は、新駅舎の商業エリアと、駅前に整備される「COPRE(コプレ)二俣川」内の商業棟とで構成。また、南北連絡通路が整備され、南口の交通広場(バス・タクシー乗り場)から鉄道への乗り換えが容易になります。

170920 soutetsufutamatagawarenew 01
外壁にレンガを採用したリニューアル後の二俣川駅のイメージ(画像:相模鉄道)。

 駅舎のデザインは、「くまモン」の生みの親として知られるクリエイティブディレクターの水野 学さんと、空間プロデューサーの洪 恒夫さんが総合監修を手掛ける「デザインブランドアッププロジェクト」の統一コンセプトに基づき、外壁にレンガを採用。内装には鉄やレンガ、ガラスなどを使用して、エレガントでスタイリッシュな空間を演出するといいます。

 工事期間は2018年12月までの予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170920 soutetsufutamatagawarenew 02
  • Thumbnail 170920 soutetsufutamatagawarenew 03
  • Thumbnail 170920 soutetsufutamatagawarenew 04
  • Thumbnail 170920 soutetsufutamatagawarenew 01

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 羽沢連絡線のこと忘れないようにね。
    そっちが出来なきゃいくら駅をお洒落にしても意味ないよ。

  2. 二俣川駅より、西谷駅周辺の総合再開発(16号線拡幅含め)を行うべきだったと思う。羽沢連絡線が開業したら、まず間違いなく片側1車線の国道16号に依存する道路系インフラは破綻するから。

    • あそこね・・・今でもほぼ末期症状だしね。
      同意なんですが、拡げるスペースが確保できるかどうか。
      新幹線の高架が通っているため、“上へ逃げることも出来ない”。

    • 大和駅で失敗したのか、自治体任せのスタンスなのでしょう…
      再開発でジョイント組んだ大和駅は失敗する一方、最小限の協力だった海老名駅は成功するという…

  3. 羨ましいよ、アタシなんか江ノ島線だからね、沿線に商店街が生き残る良い場所なんだけどね、長後なんて昔、有名俳優が出揃う映画の1カットに使われたりしたんだけどね(確か?映画の中では土田町)

  4. グリーンラインが二俣川駅まで来るのはいつ?
    二俣川駅まで来ればズーラシアや免許場への利便性が良くなると思いますが。

  5. お世辞にも、使い安いとは言えない二俣川駅。これからの発展が楽しみです。