JAL、国内線仕様ボーイング787-8導入 2019年から4機 低騒音生かし伊丹中心で運航

JALが2019年より、国内線仕様ボーイング787-8型機を4機導入。低騒音で運航できることが利点だといいます。

JAL国内線では初の導入

 日本航空(JAL)は2017年9月21日(木)、国内線仕様ボーイング787-8型機を4機導入すると発表しました。

170921 boeing 01
国内線機材としてJALに初導入される、ボーイング787-8型機(画像:JAL)。

 導入は2019年から。JALはこれまで、国際線機材としてボーイング787-8型機を25機、ボーイング787-9型機を9機導入してきました。LED照明や電子シェードなど、機内設備も先進的であり、利用者に好評といいます。JALが国内線機材としてのボーイング787-8型機を導入するのは今回が初。国内線仕様ボーイング787-8型機の詳細は、次のとおりです。

・全長:56.7m
・全幅:60.1m
・全高:16.9m
・装備エンジン:GE社製 GEnx-1B
・巡航速度:916km/h
・航続距離:1万4800km

 ボーイング787-8型機は、低騒音で運航できる機材であるのが大きな利点とのこと。JALは「この利点を最大限活用すべく、東京(羽田)~大阪(伊丹)線を中心とした大阪国際空港(伊丹)発着路線へ導入を行い、空港周辺における騒音低減に努めてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170921 boeing 02
  • Thumbnail 170921 boeing 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 実際のライバル機種って何処の機なんだろう?B727やトライスター世代だから以降の飛行機が皆同じに見えるよ