車窓から紅葉観賞 JR陸羽東線で「速度低下運転」実施 「リゾートみのり」も対象

宮城県と山形県を結ぶJR陸羽東線の鳴子温泉~中山平温泉間で、紅葉シーズンに合わせた「速度低下運転」が実施されています。

上下合わせて11本の列車で実施

 JR東日本仙台支社が2017年10月14日(土)から、紅葉シーズンに合わせ、車窓から紅葉を楽しめるよう「速度低下運転」を実施しています。

171019 jrerikuutosenmomoji 01
宮城県大崎市に位置する鳴子峡の紅葉(画像:JR東日本仙台支社)。

 期間は11月12日(日)までの30日間。対象は、宮城県と山形県を結ぶ陸羽東線の鳴子温泉~中山平温泉間の61m区間で、上下合わせて11本の列車です。うち2本は臨時快速「リゾートみのり」で、10月19日(木)~22日(日)に運転。さらに、26日(木)~31日(火)、11月4日(土)、5日(日)、10日(金)~12日(日)は「風っこ湯けむり紅葉号」が「リゾートみのり」と連結のうえ運転されます。どちらも、大きな窓から紅葉を楽しめる全車指定席の観光列車です。

 なお、列車が遅れている場合は速度を下げずに運転する場合があるほか、紅葉の状況により期間を変更する場合があるそうです。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント