上越、吾妻、信越線に211系電車を改良投入、利便性向上へ 107、115系は順次引退

群馬県内の上越線、吾妻線、信越本線へ2016年8月22日から、その環境に合わせて改良された211系電車が投入されることになりました。またこれにともない、従来それら各線を走っていた107系電車、115系電車は順次、引退する見込みです。

ドアが手動からボタンひとつの自動に

 JR東日本高崎支社は2016年8月9日(火)、群馬県内を走る上越線(高崎~水上)、吾妻線(渋川~大前)、信越本線(高崎~横川)に8月22日(月)から順次、211系電車を投入すると発表しました。

 211系は、国鉄時代の1985(昭和60)年に登場した普通列車向けの電車。今回、先述の各線区に投入されるのは、かつて高崎線(上野・大宮~高崎)や宇都宮線(上野~黒磯)を走り、現在は両毛線(高崎・新前橋~小山)などで使われている車両で、新車ではありません。しかしJR東日本高崎支社によると、乗降用ドアの足元に滑り止めを設置する、乗降用ドアと座席の境目へ寒さよけになる仕切りを設置する、降雪地の走行になることからヒーター(暖房)の温度設定を調節する、床下へ搭載する機器に対策をする、といった改良をしているそうです。

高崎に停車中の115系電車。緑とオレンジの「湘南色」を身にまとう(2009年1月、恵 知仁撮影)。

 また、対象の3線区で現在使用されている107系電車と115系電車は乗降時、ドアを手で開ける必要がありましたが、211系はボタン操作が可能なため、「これまでより利用しやすい車両になります」(JR東日本高崎支社広報)とのこと。

改良のうえ、新たに上越線と吾妻線、信越本線に投入される211系電車。写真はイメージ(写真出典:JR東日本高崎支社)。

 新たに投入される211系は窓と平行に長い座席が設置された「ロングシート」タイプの車両で、定員が増えることから、混雑時の利用もしやすくなるといいます。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 他のニュースサイトで、高崎支社の211系にボタン式自動ドア設置みたいな記事があったのでおかしいな?と思っていたら、真相はこういう事だったんですね。