虹も彩る新「ジンベイジェット」就航 JTA、新型機導入でファン感謝イベント実施(写真40枚)

沖縄の空を飛ぶJTAの「ジンベイジェット」が新型機に更新、その就航を記念したイベントが実施されました。初便の出発時には空に虹もかかりました。

沖縄の空に新しい「ジンベイジェット」飛ぶ

 JAL(日本航空)グループで、沖縄の離島間航空路線などを運航するJTA(日本トランスオーシャン航空)は2017年10月21日(土)、新「ジンベイジェット」の就航を記念し遊覧飛行イベントを実施。翌22日(日)には、同機の初便として那覇~福岡便が運航されました。

Large 171021 jta 01
台風の晴れ間に虹が出て、新「ジンベイジェット」初便の出発に華を添えた(2017年10月22日、石津祐介撮影)。

「ジンベイジェット」1号機は、沖縄県本部町にある沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館とJTAがコラボレーションした企画で、2012年12月に就航しました。ボーイング737-400の機体に同水族館のジンベイザメをイメージしたイラストが描かれています。2014年1月には2号機として、沖縄のカンヒザクラをモチーフにした「さくらジンベイ」が就航し、今回導入した新型機をのぞき、現在は2機の「ジンベイジェット」が就航しています。

Large 171021 jta 02
新「ジンベイジェット」福岡行き初便の離陸(2017年10月22日、石津祐介撮影)。

 JTAは現行のボーイング737-400の更新で、昨年からボーイング737-800を順次導入しています。「ジンベイジェット」も新型にリニューアルする事になり、2017年9月15日に米・シアトルのボーイングフィールドからフェリーフライトされ那覇空港に到着しました。

この記事の画像をもっと見る(40枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント