東急池上線の旗の台駅が2019年春「木になるリニューアル」 素材は「多摩産材」使用

東急電鉄が池上線の旗の台駅で、木造駅の雰囲気を踏襲した「木になるリニューアル」に着手。竣工は2019年春ごろの予定です。

温かみのある木造ホーム屋根へ

 東急電鉄が2017年11月から、池上線の旗の台駅(東京都品川区)で、木造駅の雰囲気を踏襲した「木になるリニューアル」に着手します。

171121 renewal 01
池上線・旗の台駅ホーム屋根のリニューアル後イメージ(画像:東急電鉄)。

 同事業は、池上線のアットホームなデザインや素材を採用した改修工事で、竣工は2019年春ごろの予定。グッドデザイン賞などを受賞した池上線・戸越銀座駅(東京都品川区)のリニューアルに続くものです。事業の一部は、「平成29年度東京都森林・林業再生基盤づくり交付金事業」において採択を受け、同事業の補助により実施されてます。

 素材には東京都内の多摩地区で生産される「多摩産材」を使用。老朽化したホーム屋根を新たな温かみのある木造ホーム屋根として建て替えるほか、待合室の改修により快適性の向上を図ります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171121 renewal 02
  • Thumbnail 171121 renewal 03
  • Thumbnail 171121 renewal 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 新型のマツダRX-7のデザインが、最終的には、どのくらいかっこよくなるのかとても楽しみです❗

  2. ホームゲートも木質感のあるものだと楽しいかもしれないが、安全上無理だな…