ドローンで線路の被災状況を把握 近鉄、キヤノン、KDDIが実証実験

近鉄とキヤノンマーケティングジャパン、KDDIが、自律飛行するスマートドローンで線路・送電設備の情報を収集する実証実験を開始します。

高精細映像を撮影できるカメラを搭載

 近鉄とキヤノンマーケティングジャパン、KDDIが2018年2月から、自律飛行するスマートドローンを使って、鉄道災害時に線路・送電設備の異常に関する情報を収集する実証実験を開始します。

171129 drone 01
実証実験のイメージ(画像:近鉄)。

 現在、鉄道設備の状況を把握する手法は、専用車両の走行による点検や、徒歩巡回による目視点検など。そのため、迅速な状況把握や効率的な復旧作業が求められているといいます。

 実証実験では、4G LTE回線に対応したスマートドローンに、高精細な映像を撮影できるカメラを搭載。近鉄の車庫でさまざまな環境を想定しての飛行や動作を検証し、効率的かつ安全な遠隔点検の実現を目指します。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント