AIRDO、2018年に周年事業開始 第1弾は機体を使ってメッセージ発信

就航20周年を迎える航空会社AIRDOが、さまざまな周年事業を展開。第1弾として、機体搭乗ドア横に「就航20周年」と「北海道命名150年」のロゴを掲出します。

全13機の搭乗ドア横にふたつのロゴ掲出

 2018年12月20日(木)で就航20周年を迎える航空会社AIRDOが同年、さまざまな周年事業を展開します。

171201 airdo 01
就航20周年を記念して制定された「ロゴ・タグライン」のイメージ(画像:AIRDO)。

 周年事業の第1弾として、AIRDOが保有する全13機の搭乗ドア横に「就航20周年」と「北海道命名150年」のロゴを順次掲出(2018年12月まで)。航空機の利用者に向けてメッセージを発信します。

 機内で発売している「AIRDOオリジナル2018卓上カレンダー」にも同じくロゴを掲出。なお、今後の周年事業は、北海道などが進める「北海道150年事業」と連携して実施する予定です。

 AIRDOは「『北海道の翼』であることの責任と期待を胸に刻み、全社一丸となって皆様に快適な航空サービスを提供してまいりますので、変わらぬご愛顧をお願い申し上げます」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171201 airdo 02
  • Thumbnail 171201 airdo 03
  • Thumbnail 171201 airdo 04
  • Thumbnail 171201 airdo 05
  • Thumbnail 171201 airdo 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 北海道にもっと行き易くなるのか?