800セット限定! 「E353系デビュー記念入場券」発売 松本から新宿まで計13枚

JR東日本長野支社が新型車両E353系電車の営業運転を記念して、「E353系デビュー記念入場券」を数量限定で発売します。

価格は1820円

 JR東日本長野支社は2017年12月6日(水)、新型車両のE353系電車が23日(土)から営業運転を開始することを記念し、「E353系デビュー記念入場券」を数量限定で発売すると発表しました。概要は次のとおりです。

Large 171207 e353kei 01
「E353系デビュー記念入場券」の台紙のオモテ面とウラ面イメージ(画像:JR東日本長野支社)。

・中身はB型硬券で、松本、塩尻、岡谷、上諏訪、茅野、小淵沢、韮崎、甲府、石和温泉、大月、八王子、立川、新宿の各駅の大人入場券(1セット合計13枚)。

・台紙は「未来への躍動」をイメージした背景に、E353系電車の写真を入れたデザイン。

・800セット限定、購入はひとり3セットまで。価格は1820円。

・12月23日(土)から2018年3月25日(日)まで販売。

・松本、塩尻、岡谷、上諏訪、茅野の各駅で販売。

・発売時間は、みどりの窓口営業の時間内(12月23日(土)の発売は午前10時から)。

・有効期間は、12月23日(土)から2018年3月25日(日)まで。

・入場券での乗車は不可能。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171207 e353kei 02
  • Thumbnail 171207 e353kei 03
  • Thumbnail 171207 e353kei 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 中央本線の昔の代表格的な初代特急形車両(あずさ・かいじ)となれば183・189系でしたが2代目が351系(スーパーあずさ)・259系(あずさ・かいじ)が運用されてますが、3代目の車両として353系ですか‼️   まぁデビューしてもこの2形式の車両が暫く停車駅とかで見れると思いますがゆくゆくは351系が中央本線から引退する事も確定するでしょう。

    それとは別に東海道線で特急『踊り子』、朝夕の通勤での『湘南ライナー』等で運用されている185系も
    新塗装車(湘南色ブロックパターン)がデビュー当時のリバイバルカラー(緑の3本線)に全て塗り替えられてるのも引退する兆しを見せているのか、後継車両の発表が無いからまだその走りっぷりが見られますけどね。

    • 一寸待て。185系の代替にはE353系投入で余剰となるE259系を充当すると聞いた気がするぞ(351系、259系、353系はいずれも正確にはE351系、E259系、E353系)。