廃止間際の三江線、ダイヤ改正で全線直通列車を設定 2週間だけ運行 JR西日本

JR西日本が2018年3月17日にダイヤ改正を実施。3月31日に廃止する三江線で、江津~三次間の直通列車を新たに設定します。

区間便をつなげて江津~三次間の直通列車に

 JR西日本米子支社は2017年12月15日(金)、廃止を控えた三江線で、江津~三次間の直通列車を新たに設定すると発表しました。

 三江線は島根県の日本海側にある江津駅と、広島県内陸部の三次駅を結ぶ、全長108.1kmの路線です。2018年3月31日(土)の全線廃止が決定しており、その前に乗っておこうと、現在は個人や団体の乗客で混雑することもあるといいます。

171215 sankosen 01
2018年3月31日に廃止されるJR三江線(画像:photolibrary)。

 JR西日本米子支社によると、2018年3月17日(土)のダイヤ改正で三江線の運転時刻も変更。上りの三次10時02分発・石見川本行きの普通列車に利用が集中していることから、そのあとの三次14時11分発(口羽行き)と、浜原17時08分発(江津行き)の区間便2本をつないで、三次14時11分発・江津行きの直通列車を設定します。

 下りも、江津12時34分発(浜原行き)と口羽15時17分発(三次行き)の区間便2本をつないで、江津12時34分発・三次行きの直通列車を設定します。

 これにより、三江線の江津~三次間を乗り通せる列車は、現在の3往復から4往復に増加(途中で乗り継ぎを要する行程を含む)。JR西日本米子支社は「江津~三次間の全線乗車できるチャンスが広がります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171215 sankosen 02
  • Thumbnail 171215 sankosen 03
  • Thumbnail 171215 sankosen 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. さよならセレモニーやね。
    JR西とJR北の超赤字路線は全廃すりゃいいと思うよ。田舎では都市間以外は点と点を結ぶ鉄道の利点は無いんだから。

  2. ある意味むごい。

  3. ローカル線で着席はともかく、車窓風景もろくに拝めずラッシュ気分を味わいにいって、何かおもしろいのかねえ?
    しかも高い交通代まで払って。

  4. 結局、地域の人たちが利用していれば廃止にならないのだから、廃止だからといって騒ぎたてるのはおかしいと思う。何を今さら地域の人たちで盛り上がってるのかはとても矛盾を感じる。
    でもこれは全国の廃止になった鉄道共通ではあるけども…