廃止続くローカル線、観光列車は救世主となるか? JR西ワースト3の木次線、新たな一手

三江線の廃止が決まるなど、多くのローカル線でその将来が危ぶまれる現在。JR西日本で利用者数がワースト3の木次線で、未来に向け観光列車を活用した新たな一歩が踏み出されます。

「木次線名物」を外した木次線のツアー、その目的は?

「奥出雲おろち号」は、島根県松江市の宍道と、広島県庄原市の備後落合駅を結ぶJR西日本・木次(きすき)線のトロッコ列車です。おもに、木次線の木次駅(島根県雲南市)と備後落合駅とのあいだで運転され、同区間には松本清張の小説『砂の器』に登場する「亀嵩駅」や、鉄道ファンに人気の「3段式スイッチバック」(ジグザグに進むことで勾配を緩め、坂を上り下りする方法のひとつ)も存在。島根県の観光ランキングでも上位に入るほどの人気列車です。

1998年から木次線で運行されているトロッコ列車「奥出雲おろち号」(杉山淳一撮影)。

 また、日曜や祭日などは山陰本線の出雲市駅(島根県出雲市)から出発します。これは出雲市も参加する共同事業「出雲の國・斐伊川サミット」が「奥出雲おろち号」を支援しているためです。

 2016年11月6日(日)と20日(日)、出雲市駅発になる「奥出雲おろち号」を使った「木次線ワイン&チーズトレイン」ツアーが実施されます。ところがこのツアーは木次駅で下車し、そこで貸切バスに乗り換えです。おもな「奥出雲おろち号」の運行区間である木次〜備後落合間には乗車せず、そこにある「木次線名物」の亀嵩駅もスイッチバックも通りません。

日本海側の宍道駅と中国山地の備後落合駅を結ぶ木次線(国土地理院の地図を加工)。

 その代わりこのツアーは、雲南市のお酒と事をじっくり楽しむ内容になっています。車内では赤白のワインが提供されるほか、木次駅下車後は貸切バスでワイナリーと酒蔵の見学、チーズ作り体験ができ、ランチタイムには4種類のワインを楽しめます。

 せっかく「奥出雲おろち号」に乗るというのに、亀嵩駅やスイッチバックといった「木次線の魅力」に立ち寄らないこのツアー。鉄道ファンから見ると不思議な内容です。しかし関係者によると、このツアーは「魅力ある木次線」を存続させる目的で作られたといいます。

この記事の写真一覧

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 奥出雲おろち号もいいが、在来列車のキハ120が不快。あの長い距離をロングシート
    では、また乗りたいとは思わない。
    宍道の接続も悪い。
    都市間連絡はバスに敵わないなら、観光客
    に使い易いダイヤにしないと。